ゴルフネットワークからのお知らせ

その他

 検索

SSL3.0の脆弱性への対応について

その他 2014年11月10日 00:00:00

インターネット通信における暗号化手法の一つ「SSL3.0」に脆弱性があることが判明いたしました。SSL3.0の脆弱性はSSLという暗号化通信の手法そのものに起因しています。

当サイトでは「安全なWebアクセス」を確保するための対処方法として下記対処をご案内していますが、その他のWebサイトの閲覧時の支障有無については判断をいたしかねますので、ご了承ください。

当脆弱性は「TLSをサポートしていない、または無効になっているブラウザでSSL3.0を用いたアクセスを行う」ことにより影響を受けることが判明しています。

当サイトでは、SSL3.0脆弱性への対応として、サーバ側でSSL3.0の利用停止措置を実施いたします。SSL 3.0によるアクセス遮断により、インターネットのセキュリティ設定(SSL 3.0、SSL 2.0のみの通信設定)によっては、当サイトの一部画面などが表示できなくなります。閲覧が出来ない状態を回避するためには、TLS1.0、TLS1.1、TLS1.2を有効にしていただく必要があります。

以下に代表的なブラウザの設定方法をお知らせいたします。

Internet Explorerの場合

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [セキュリティ] カテゴリで、[SSL 3.0 を使用する] チェック ボックスをオフにし、[TLS 1.0 を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、および [TLS 1.2 の使用] チェック ボックスをオンにします (使用可能な場合)。
  4. [OK] をクリックします。
  5. 終了し、Internet Explorer を再起動します。



そのほか、ウィンドウズ:Firefox、Google Chromeの場合、マッキントッシュの場合
SSL3.0の脆弱性に対応したバージョンのリリースが、グーグル(Chrome)、Mozilla Japan(Firefox)、アップル(Mac)にて予定されています。

■Google Chromeの場合(Chromeは最新バージョンで既にこの問題に対応済み)
Google Chromeのバージョンアップ方法はこちら

■Firefoxの場合(バージョン34で対応すると発表されています。米国時間2014年11月25日に公開予定)
FireFoxのバージョンアップ方法はこちら

■MACの場合
MacOSのソフトウェアアップデート方法はこちら

■独立行政法人情報処理推進機構
SSL3.0の脆弱性に関しまして独立行政法人情報処理推進機構より、対処プログラムを含めた、ブラウザごとの本脆弱性の解消・回避策等が掲載されておりますので、参考にしてください。
独立行政法人情報処理推進機構へはこちら

安全確保のため、ご利用のブラウザは、最新版のものを使用することをお勧めいたします。

不正視聴 それは、犯罪

MIZUNODUNLOPBRIDGESTONE

  • ゴルフネットワーク on Facebook
  • ゴルフネットワーク on Twitter