ゴルフネットワークマガジン

すべては「芯」に当てること!芹澤信雄パッティングの極意

すべては「芯」に当てること!芹澤信雄パッティングの極意

ゴルフ真剣勝負 the MATCH プロフェッショナルレッスン

2017年04月21日 11:41

すべては「芯」に当てること!芹澤信雄パッティングの極意

 パッティングが上手くなりたいけど、どうすればいいのか? 具体的には、「どういうパターを使えばいいのか?」、「どういう握り方をするのが一番いいのか?」、「ストロークの正しい形があれば教えて欲しい」といったことを、アマチュアの方からよく聞かれます。

 このような質問に対して私がいつも言っているのは、「それは皆さんの自由です」という言葉です。そう言うとガッカリされる方もいるようですが、使うパターはもちろん、グリップやストロークのやり方に関しては、「これが正解」というものはありません。自分が一番打ちやすい、そして距離感が合いやすいやり方でボールを打つというのが一番いいのです。

 もちろん、それを見つけるために、いろんなプロゴルファーを見てマネをするのも一つの方法だと思います。中には、自分で見つけるのではなく、「教えられたとおりにやる方が楽」という人もいるでしょうが、パッティングに関しては、自分に合ったものを自分で見つけるようにしてください。

 打つ形は自由で構わないと言いましたが、パッティングで絶対にやらなければいけないことがあります。それは、パターの芯で打つことです。

 当たり前のことのように思われるかもしれませんが、私が見ている限り、アマチュアゴルファーで、きちんと芯で打てている人はかなり少ないと言わざるを得ません。ほとんどの人が、「いいパッティングをしよう」という気持ちはあるものの、“芯"を意識している人はあまりいないようです。しっかり芯で打つためにも、パターの練習をする前に、パターの芯の位置を確認しておいてください。

 写真①のようにフェースを上に向け、上からボールをランダムに落としてフェースがブレない位置をチェックします。芯に当たったときは、多少ボールの勢いがあってもヘッドはピクリとも動きません(同②)が、芯を外すとヘッドは傾きます(同③)。芯を確認したら、実際にボールを打つ時も、芯を意識してストロークをしましょう。

写真①
写真①
写真②
写真②
写真③
写真③

 イメージしたラインに打ち出せるかどうか、距離感が合うように打てるかどうかは、すべては芯に当てるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。まずはそこから改善していきましょう。

【プロフィール】
芹澤信雄(せりざわ・のぶお)
 1959年11月10日、静岡生まれ。'82年プロ入りし、'87年の「日経カップ」で初優勝。'96年には、当時メジャー大会だった「日本プロマッチプレー」で優勝を飾る。ショートゲームを得意としており、特にパッティングに関しては、ジャンボ尾崎からは、「パーパットは世界一」と言われたほどの名手。現在はシニアツアーに参戦しながら、若手育成にも力を入れる。

【関連】リラックス&ポイントは絞る!上井邦裕がスイングで気をつけていること
【関連】スコアメイクはショートゲーム!上井邦裕の手打ち防ぐ片手打ちドリル

(この記事は、夕刊フジ 2017/4/13発売号より転載しています)


> ゴルフネットワークマガジン一覧


毎週木曜日発売「夕刊フジ」で連載中

産経新聞社が発行する毎週木曜日発売の「夕刊フジ」紙面にて、「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」に出演するプロのワンポイントレッスンを連載中です。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ

ゴルフ真剣勝負 the MATCH

プロによる1対1の真剣勝負をお届けする新番組。ゴルフ専門チャンネルだから見ることのできるマッチメイクで、プロ同士の真剣勝負を2時間にわたって放送。番組ではプロのテクニックに留まらず、クラブ選択や状況判断などのプロの考え方も紹介し、アマチュアゴルファーにも参考になる情報をお届けする。

【特設サイト】ゴルフ真剣勝負 the MATCH
【見逃し配信】ゴルフ真剣勝負 the MATCH


不正視聴 それは、犯罪 大正製薬

MIZUNODUNLOPBRIDGESTONE

  • ゴルフネットワーク on Facebook
  • ゴルフネットワーク on Twitter