ゴルフネットワークマガジン https://www.golfnetwork.co.jp/ ゴルフネットワーク公式ホームページより、国内外のツアー情報やレッスン情報などゴルファー必見の最新ゴルフ情報を配信。ゴルフネットワークマガジン新着情報 Copyright c 1998 - 2017 JUPITER GOLFNETWORK CO.,LTD. All Rights Reserved. ja ja ゴルフネットワーク https://www.golfnetwork.co.jp/common/logo.jpg https://www.golfnetwork.co.jp/ 15 Sun, 30 Apr 2017 00:00:00 +0900 <![CDATA[キム・ハヌルがPOを制して今季初V!賞金ランキング3位に浮上]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00107.html Sun, 30 Apr 2017 09:04:00 +0900 キム・ハヌルがPOを制して今季初V!賞金ランキング3位に浮上

国内ゴルフ応援宣言!ぎゅっと週刊国内ツアー

2017年04月30日 18:04

静岡県のグランフィールズ カントリークラブで開催された国内女子ツアー第9戦「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」最終日はプレーオフ決着となる接戦となった。

首位タイでスタートした韓国のキム・ハヌルと鈴木愛が共に「70」のラウンドで通算7アンダーで並んでプレーオフへ。1ホール目でバーディを奪ったキムが昨シーズン最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」以来となるツアー通算4勝目を飾った。

18番で行われたプレーオフはキム、鈴木ともにバーディチャンスにつける。先にパッティングをした鈴木が外したのに対して、キムが3mを沈めて勝負あり。

今季は「PRGRレディスカップ」で3位、「スタジオアリス女子オープン」で2位に入るなど好調をキープしながらも1勝が遠かった。プレーオフ決着となった最後のバーディパットは「本当に緊張しました。嬉しいです」とシーズン初優勝の喜びを表した。

今大会の優勝で賞金ランキングはアン ソンジュ、全 美貞に次いで3位へ浮上。賞金女王へ向け価値ある1勝となった。次戦は今季初戦の国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」。昨年の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に続いてメジャー2連勝を虎視眈眈と狙う。

【最終日成績】
優勝 キム・ハヌル(-7)
2位 鈴木愛(-7)
3位 テレサ・ルー(-6)
4位 森田遥(-5)
5位 武尾咲希(-3)
6位 全美貞(-2)
6位 木戸愛(-2)

【賞金ランキング】
1位 アン ソンジュ (¥35,084,999)
2位 全 美貞(¥30,634,333)
3位 キム ハヌル(¥28,366,000)
4位 イ ミニョン(¥24,783,000)
5位 西山ゆかり(¥24,333,000)
6位 申 ジエ(¥23,016,000)
7位 鈴木愛(¥21,158,000)
8位 川岸史果(¥20,699,000)
9位 テレサ・ルー(¥20,211,000)
10位 渡邉彩香(¥20,005,333)

(写真提供:Getty Images)

GWスペシャル「ぎゅっと週刊国内ツアー」5/1(月)放送回は30分の拡大版!国内男女トーナメントをぎゅっと振り返ります!

「ぎゅっと週刊国内ツアー」5/1(月)よる11時〜初回放送

> ゴルフネットワークマガジン一覧


→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00107.html
<![CDATA[宮里優作が選手会長初V!ギャラリーの声援が乗り移ったウイニングパットはくるりと1回転で劇的優勝]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00105.html Sun, 30 Apr 2017 08:34:00 +0900 宮里優作が選手会長初V!ギャラリーの声援が乗り移ったウイニングパットはくるりと1回転で劇的優勝

国内ゴルフ応援宣言!ぎゅっと週刊国内ツアー

2017年04月30日 17:34

首位と3打差に7人がひしめく大混戦となった「中日クラウンズ」最終日。首位タイでスタートした宮里優作が5バーディ、3ボギーの「68」とスコアを伸ばし、通算13アンダーでツアー通算4勝目を挙げた。

【特集】国内ゴルフ応援宣言!「ぎゅっと週刊国内ツアー」5/1(月)放送回は中日クラウンズを特集

1番ホールでバーディスタートを決めると、5番と6番で連続バーディを奪い2位に2打差をつけてサンデーバックナインへ。11番ではバーディパットを外して悔しさを露わにするなど闘志むき出しのプレーで優勝を目指すが、難攻不落の和合が立ちはだかる。「前半はスムーズにプレーできたけど、12番あたりからタイミングがズレはじめた」と振り返るように12番、13番で連続ボギー。

それでも「和合は1つ流れが悪くなるとボギーが続く」と警戒。2002年にアマチュアとして出場して以来、16年連続で出場している経験を活かす。「今週はパッティングが良かったから、多少距離が長くてもいいからグリーンに乗せようと後半はずっとパーオンを狙うようにした」と冷静なマネジメントで我慢のゴルフを続ける。

1つ前の組で回る谷口徹と藤本佳則が12アンダーでフィニッシュして首位の宮里と並ぶ。優勝のためにはバーディが必要となった最終18番ホール。ティーショットは右のラフへ。セカンドショットはピン奥6mに。

下りのパットはゆっくりとカップへ向かいカップをくるりと一周回って・・・カップイン。劇的なバーディのウイニングパットにギャラリーからの大歓声が巻き起こる。宮里も思わず飛び跳ねて喜びを表した。

同組の片岡大育は「優作さんの18番のバーディを目の前で見ましたが、最後は皆さんの声援で入ったように感じました」と話すと、宮里も「外れたと思ったけど応援してくれたギャラリーの方の思いでカップインさせてもらった」と勝負の1打を振り返った。

選手会長として「ツアー改革」を目指して選手の先頭に立って奔走してきた。今年からはコース内での写真撮影を一部許可するなど、ファンサービスにこだわった。今週は1万人を超えるギャラリーが会場に詰めかけた。これまでの努力と苦労がギャラリーの声援と共に最後のバーディパットに乗り移ったように思えた。

2年前に選手会長へ就任した際には「選手会長としての仕事よりやっぱりプレーが一番。自分の成績を出すことがツアー全体の盛り上がりに繋がる」と話していたが、昨年は未勝利に終わり悔しい思いをした。

「選手会長になってようやく勝つことができてホッとした。カップインの瞬間は責任感や背中にある重いものがすっと取れた感じがした」と胸の内を語った宮里。

名古屋市内に家を構える宮里はかねてから「名古屋は地元」と話す。最終日を前に「たくさん応援に来てもらって励みになる。明日(最終日)は家族も応援にくるので、頑張るパパの姿を見せたい」と話していた。『クラウンズ男』と呼ばれることに憧れていたという宮里にとって、家族の前での選手会長としての初優勝は忘れられない1日となるだろう。

【最終日成績】
1位 宮里優作(-13)
2位 谷口徹(-12)
2位 藤本佳則(-12)
4位 片岡大育(-11)
5位 今平周吾(-10)
6位 J.パグンサン(-9)
6位 武藤俊憲(-9)
8位 永野竜太郎(-8)

宮里優作 選手会長初V 激闘の中日クラウンズをプレイバック

3日目 5月01日(月)深夜0:00~2:00
最終日 5月02日(火)午後7:00~9:30

(写真提供:JGTO)

【関連】男子ツアーの船出、新選手会長宮里優作が語るツアー改革とは

【関連】宮里優作「ファンと一緒に男子ゴルフを盛り上げたい」今年もJGTO開幕イベントを開催!

【関連】JGTO開幕イベント開催!優作選手会長「ルーキーの陸也にイケメンの宋永漢、今年の男子ツアーは面白いですよ!」

【関連】優作「男子ツアーはいろんな世代の強さを出したい」和合を制するのは!?ベテランから中堅、若手まで首位と3打差に7人の大混戦

【関連】「名古屋は地元です!」選手会長宮里優作が首位と3打差の6位好スタート

> ゴルフネットワークマガジン一覧


→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00105.html
<![CDATA[宮里優作、2年ぶりツアー4勝目 1打差2位タイに谷口と藤本]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00106.html Sun, 30 Apr 2017 08:27:00 +0900 宮里優作、2年ぶりツアー4勝目 1打差2位タイに谷口と藤本

中日クラウンズ

2017年04月30日 17:27

 国内男子ツアーの中日クラウンズは30日、愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースを舞台を舞台に最終ラウンドの競技を終了。通算13アンダーで宮里優作がツアー4勝目を挙げた。

 宮里は出だし1番バーディ、3番でボギーを叩くも、5番、6番とバーディを連取し2アンダーで折り返す。後半は我慢の展開が続き、最終ホールを迎える。すでに谷口徹と藤本佳則が通算12アンダーでフィニッシュしており、プレーオフかと思われた。しかし、宮里が見事バーディパットを沈め、3アンダー67の内容でホールアウト。通算13アンダーでツアー4勝目を挙げた。

 首位と1打差の2位タイには谷口と藤本、2打差単独4位は片岡大育。通算10アンダー単独5位に今平周吾、通算9アンダー6位タイに武藤俊憲、ジュビック・パグンサン(フィリピン)となった。

 その他、ツアールーキーの星野陸也は通算3アンダー24位、池田勇太は通算3オーバーの52位で大会を終えている。

【動画】優作「男子ツアーはいろんな世代の強さを出したい」和合を制するのは!?ベテランから中堅、若手まで首位と3打差に7人の大混戦
【関連】武藤、宮里が首位タイに 今平は単独7位に後退


> ゴルフネットワークマガジン一覧


(写真提供:JGTO)

中日クラウンズ とことん1番ホール生中継

【詳細】中日クラウンズ とことん1番ホール&ダイジェスト
【特集】国内ゴルフ応援宣言「中日クラウンズ」全ラウンドとことん1番ホール生中継
【LIVE&見逃し配信】中日クラウンズ


→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00106.html
<![CDATA[ピンがしなるほどの強風に翻弄された3日目 「英樹は残り何ヤードが好き?」苦しい状況でも笑顔と会話の絶えない日本チーム]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00104.html Sun, 30 Apr 2017 03:22:00 +0900 ピンがしなるほどの強風に翻弄された3日目 「英樹は残り何ヤードが好き?」苦しい状況でも笑顔と会話の絶えない日本チーム

杉ちゃんが行く!現地レポート

2017年04月30日 12:22

1つのボールを2人が交互に打ち合うフォアサム方式で行われた「チューリッヒクラシック」3日目、23位タイからスタートした松山英樹と谷原秀人のペアは1バーディ、4ボギー「75」とスコア落として通算6アンダーの34位タイに後退。3日目カットライン上となるギリギリで最終日へ望みを繋いだ。

【3日目ホールバイホール】

オンコースアナライザー杉澤伸章の3日目現地レポート

杉ちゃんが行く!現地リポート特設ページでは松山&谷原の大会前インタビューや現地リポートを無料動画配信中

大会3日目はピンがしなるほど強風で各チームは風に翻弄されました。体感としては吹いていないように感じても上空ではかなり強い風が吹いていることもあって風のジャッジやクラブ選択が難しかったです。

ホールアウト後に進藤大輔キャディと上村朋宏キャディに話を聞きましたが「風の強弱が強くて、グリーン上でも影響があったしラインを読むのが難しかった」とグリーン上で苦戦しているシーンが多かったです。

2番パー5ではセカンドで松山選手が253ヤードのショットでグリーンサイドのバンカーまで持っていき、谷原選手が上手く寄せて松山選手がバーディパットを決める。2人が噛み合ったプレーで幸先の良いスタートを切りました。直後の3番、4番でも良いパーセーブを続けて良い流れでしたが6番のボギーから苦しい展開に。

松山選手も「6番と9番のパーパットを入れていれば流れが出来た」と悔やんでいましたが、フォアサムという難しいフォーマットで、さらに強風というコンディションの中、3日目は非常に厳しいホールローケーションでした。

6番ではパーオンするも、3パットでボギーに。9番パー3では残り35ヤードのマウンド超えのアプローチを谷原選手がうまく距離を合わせて寄せましたが、パーパットは非常に読みにくいラインに。傾斜は左から右、芝目は右から左、風は右からと松山選手は仕切り直して何度もラインを読み直していましたが、カップ際でボールは右に切れてパーセーブならず。

14番パー3では谷原がナイスショットでピンそばにつけるも、松山選手がグリーンに上がると「勘弁してよ〜」という表情するくらい読みにくいラインで、思ったより1カップ切れてバーディならず。

それでも、良いショットもたくさんありました。予選2日間で難易度3の17番パー3。3日目はピンまで190ヤード、グリーン奥でターゲットエリアは非常に狭く右からの強い風が吹いていました。松山選手が打つ前にクラブを変えるほど風のジャッジが難しい状況で、池の上からフェードボールで風とケンカをさせて見事にピンハイのバーディチャンスにつけました。惜しくもバーディは取れなかったですが、ワールドクラスのショット力を見せてくれました。

今日は非常にシビアなパーパットを打つことが多く、強風ということもあって頭も使います。2人とも満身創痍といった感じでやや疲れが見えましたが、チームワークは良かったと思います。

11番パー5で松山選手のティーデョットが右へ大きく曲がり、レイアップを選択する状況で谷原選手が「英樹は残り何ヤードが好き?」と相談したり、15番パー4では顎が気になるバンカーからのセカンドを打つ谷原選手のところへ松山選手が行って一度アドレスをして「何番アイアンならいけるかな」といったように苦しい状況の中でも2人がよく会話をしていました。ボギーを打った後にも次のティーインググラウンドへ行くまでに「よし、次いこう!」と笑顔で話しながら良い雰囲気でした。

最終日に向けて谷原選手は「2人で25アンダー、25バーディ撮りたいね(笑)。そのくらいの気持ちでやりたい」と明るい表情でチームを盛り上げていました。

最終日はホールごとに良いほうのスコアを採用するフォアボール方式。2日目にはR.グーセンとT.V.アスウェーゲンのペアが「60」を出していますしビッグスコアも期待できます。日本チームの爆発に期待したいです。

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.04】谷原池ポチャもおにぎり効果で連続バーディ!「英樹と谷さん」お互い気を使わない2人のチームワーク

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.03】笑顔でラウンド、ダブルスで噛み合う2人!松山&谷原「2日目は10アンダーを目指す」

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.02】プロアマ戦は全ホールでローカルフードが食べ放題!松山英樹もザリガニをかぶり

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.01】松山&谷原チームジャパンの練習ラウンドに密着!グリーン周りの逆目のバミューダ芝に要注意


> ゴルフネットワークマガジン一覧


チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ

最終日前半 4/30(日) 深夜2:00~翌午前5:00 (LIVE)
最終日後半 5/1(月) 午後8:00~11:00

【見逃し配信】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ
【放送予定】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ



→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00104.html
<![CDATA[【動画】松山&谷原、34位タイ J.ブリックスト&C.スミスが独走]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00103.html Sun, 30 Apr 2017 00:20:00 +0900 【動画】松山&谷原、34位タイ J.ブリックスト&C.スミスが独走

チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ

2017年04月30日 09:20

 今季から160人80組のダブルス戦で行われている米男子ツアーのチューリッヒクラシック オブ ニューオリンズは現地時間29日、ルイジアナ州のTPCルイジアナを舞台に第3ラウンドの競技を終了。松山英樹&谷原秀人ペアは、3つスコアを落とし、34位タイから残り18ホールを戦う。

松山&谷原 チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ 3日目ハイライト(2H)

【PR】毎週更新!PGAツアー2017特設サイト

 3日目は、初日と同様にフォーサム(1つのボールを2人が交互に打ち合う)の形式で行われた。23位タイからスタートした松山&谷原ペアは、2番パー5でこの日最初のバーディを奪う。しかし、その後は6番と9番でボギーを叩き、1オーバーで前半を折り返す。迎えた後半も2ボギーを喫するなど思うようにスコアを伸ばすことが出来ず、トータル1バーディ、4ボギーの3オーバー75でホールアウト。通算6アンダー34位タイに順位を下げている。

 谷原は、競技終了後「ティーショットでフェアウェイを捉えられなかった」とスコアを落とした原因を述べた。松山も「砂にばかり入れて申し訳なかった。6番、9番のパットを入れていれば、流れを切らさずに行けた」と反省。特にパッティングに関して、谷原は「ここまで(ラインを)読めないことがあるのかというぐらい不思議」と嘆いた。しかし「2人で合わせて25個バーディを取るぐらいの気持ちでやりたい」と最終日を見据えている。

 一方の優勝争いは、ジョナス・ブリックスト(スウェーデン)&キャメロン・スミス(豪)ペアが後続を大きく引き離し単独首位に立つ。前日「62」でリーダボード最上段に立った2人は、難しいフォーサムでもノーボギー「68」と順調にスコアを伸ばし、通算19アンダーで優勝に王手をかけている。4打差の通算15アンダー2位タイにはケビン・キズナー(米)&スコット・ブラウン(米)ペアとチャーリー・ホフマン(米)&ニック・ワトニー(米)ペアが並ぶ。

 その他上位陣は、通算14アンダー単独4位にジョーダン・スピース(米)&ライアン・パーマー(米)ペア、通算13アンダー単独5位にブライアン・スチュアード(米)&クリス・ストラウド(米)ペア。前日単独2位のパトリック・リード(米)&パトリック・キャントレー(米)ペアは3オーバー75でスコアを落とし、通算11アンダー8位タイからの逆転を狙う。

 なお、最終日は2日目と同様にフォーボール(2人がそれぞれ自分のボールでプレーし、ホールごとに良いほうのスコアを採用)方式で行われる。

【関連】谷原池ポチャもおにぎり効果で連続バーディ!「英樹と谷さん」お互い気を使わない2人のチームワーク
【関連】松山&谷原、23位タイで決勝Rへ 五輪メダリストペアは予選落ち


> ゴルフネットワークマガジン一覧


(写真:Getty Images)

チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ

3日目後半 4/30(日) 午後2:00~4:00
最終日前半 4/30(日) 深夜2:00~翌午前5:00 (衛星中継)
最終日後半 5/1(月) 午後8:00~11:00

【見逃し配信】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ
【放送予定】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ



→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00103.html
<![CDATA[優作「男子ツアーはいろんな世代の強さを出したい」和合を制するのは!?ベテランから中堅、若手まで首位と3打差に7人の大混戦]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00102.html Sat, 29 Apr 2017 10:29:00 +0900 優作「男子ツアーはいろんな世代の強さを出したい」和合を制するのは!?ベテランから中堅、若手まで首位と3打差に7人の大混戦

とことん1番ホール生中継「中日クラウンズ」

2017年04月29日 19:29

愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催されている国内男子ツアー「中日クラウンズ」3日目、雷雲接近のため約2時間プレーが中断したが16時31分に再開し全ての選手がホールアウトした。宮里優作、武藤俊憲が通算11アンダーで首位に並び、トップと3打差に7人がひしめく大混戦に。

上位7名は全て日本人選手。誰が勝っても中日クラウンズ初制覇となる。

1960年民間初のゴルフトーナメントとして開催。海外からはアーノルド・パーマーやゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラウスが参戦。いつしか「東洋のマスターズ」と言われるようになった歴史ある大会だ。大会前に宮里優作は「知れば知るほど難しくなるのが和合、それを知った上で勝つことは選手として強い証」と話すように、プレーヤーにとってクラウンズの栄冠は特別な意味を持つ。

武藤は2015年「ISPSハンダグローバルカップ」以来となるツアー通算7勝目、名古屋市内に家を構える宮里は地元Vでツアー通算4勝目を狙う。ベテラン谷口徹は2012年以来、節目となる20勝目を虎視眈眈と狙う。

3日目のベストスコアとなる「63」で優勝戦線へ浮上した片岡大育は昨年のリベンジに燃える。昨年は残り2ホールを残して2打差のリードを持ちながら逆転負けを喫して悔し涙を流した。その17番で3日目にバーディを奪うと、最終18番でもグリーン横のバンカーから直接カップイン。スーパーショットでバーディ締め。上がり2ホール連続バーディで最終日へ弾みをつけた。

片岡と同じ「63」をマークした永野竜太郎は首位と3打差の5位タイへと浮上。難攻不落の和合でツアー初優勝を目指す。

予選ラウンドでわずかにボギーは1つと完璧なプレーで首位をキープしていた今平周吾は2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーとスコアを落としたが、首位と3打差からツアー初優勝を狙う。

以前選手会長の宮里は今年の男子ツアーについてこう話していた。

「選手たちは高い意識を持ってやっている。男子は40代のベテランから30代の中堅、20代の若手といろんな世代のプレーヤーがいる。男子ツアー全体で卓越した技術、優勝の1打を争う技術の高さを見せたい」

その言葉の通り、明日の最終日は40代の谷口(49歳)から30代の武藤(39歳)、宮里(36歳)、20代の片岡(28歳)、永野(28歳)、藤本(27歳)、今平(24歳)と各世代の選手がしのぎを削る。大混戦を抜け出すのは誰か、今シーズンを占う一戦となるだろう。

【3日目成績】
1位 宮里優作(-11)
1位 武藤俊憲(-11)
3位 片岡大育(-10)
3位 谷口徹(-10)
5位 永野竜太郎(-9)
5位 藤本佳則 (-9)
7位 今平周吾 (-8)

【最終日主な注目組のスタート時間】
07:25 竹谷佳孝 / 星野陸也 / 小池一平
07:35 小平 智 / 矢野東 / A・ブランド
09:45 I・H・ホ / 香妻陣一朗 / 上井邦裕
09:55 時松隆光 / J・パグンサン / 今平周吾
10:05 藤本佳則 / 永野竜太郎 / 谷口徹
10:15 片岡大育 / 宮里優作 / 武藤俊憲

中日クラウンズ とことん1番ホール生中継

最終日 4/30(日)7:00〜11:00

(写真提供:JGTO)

【動画】じっくり徹底解剖! 中日クラウンズ

【関連】片岡大育vs金庚泰の一騎打ち 2016年大会激闘の真実に迫る「プレーオフでパーパットをどちらが先に打つかが大事だった」

【関連】「名古屋は地元です!」選手会長宮里優作が首位と3打差の6位好スタート

ゴルフネットワーク4月は国内男子ツアー開幕特集!

いよいよ、国内男子ツアーも開幕を迎えます!ゴルフファンが待ちに待った、春到来!!ゴルフネットワークでは、国内ツアー応援宣言と題して、特集番組をお届けします!

> ゴルフネットワークマガジン一覧


→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00102.html
<![CDATA[武藤、宮里が首位タイに 今平は単独7位に後退]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00101.html Sat, 29 Apr 2017 09:29:00 +0900 武藤、宮里が首位タイに 今平は単独7位に後退

中日クラウンズ

2017年04月29日 18:29

 国内男子ツアーの中日クラウンズは29日、愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースを舞台を舞台に第3ラウンドの競技を終了。通算11アンダーで武藤俊憲と宮里優作が首位タイに並んだ。

 トップと4打差6位タイからスタートした武藤は、2番パー5でイーグルを奪うなど前半を3アンダーで折り返す。後半も11番、12番と連続バーディ、14番でもスコアを伸ばし5アンダー65でホールアウト。また、宮里はトータル6バーディ、3ボギーの3アンダー67でプレーを終えた。後続に1打差をつけてトップタイで最終日を迎える。

 通算10アンダー3位タイには、7アンダー63をマークした片岡大育、谷口徹、通算9アンダー5位タイに永野竜太郎、藤本佳則。また、単独トップでスタートした今平周吾は後半にダブルボギーを叩くなど、スコアを2つ落とし通算8アンダーで単独7位に後退した。

 その他、2週連続優勝を狙う久保谷健一は通算1アンダーで29位タイ、ツアールーキーの星野陸也が通算2オーバー49位タイ、池田勇太は通算3オーバー56位タイとなっている。

【動画】歴史と伝統の「中日クラウンズ」1番ホールを4日間全ラウンド生中継
【関連】1オンなるか!? 昨季歴代最高311ヤードでドライビングディスタンス1位 C・キムら飛ばし屋の豪快なショットに注目!大会初日は5時間生中継


> ゴルフネットワークマガジン一覧


(写真提供:JGTO)

中日クラウンズ とことん1番ホール生中継

最終日 4/30(日)7:00 - 11:00

【詳細】中日クラウンズ とことん1番ホール&ダイジェスト
【特集】国内ゴルフ応援宣言「中日クラウンズ」全ラウンドとことん1番ホール生中継
【LIVE&見逃し配信】中日クラウンズ


→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00101.html
<![CDATA[谷原池ポチャもおにぎり効果で連続バーディ!「英樹と谷さん」お互い気を使わない2人のチームワーク]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00100.html Sat, 29 Apr 2017 05:05:00 +0900 谷原池ポチャもおにぎり効果で連続バーディ!「英樹と谷さん」お互い気を使わない2人のチームワーク

杉ちゃんが行く!現地レポート

2017年04月29日 14:05

160人80組のダブルス競技として行なわれている「チューリッヒクラシック」。2人がそれぞれ自分のボールでプレーし、ホールごとに良いほうのスコアを採用するフォアボール方式の2日目、松山英樹と谷原秀人の日本チームは66でラウンド。通算9アンダー、首位と6打差の23位タイで決勝ラウンドへ進出。

【2日目ホールバイホール】

オンコースアナライザー杉澤伸章の2日目現地レポート

杉ちゃんが行く!現地リポート特設ページでは松山&谷原の大会前インタビューや現地リポートを無料動画配信中

予選ラウンドが終了しました。2日目は朝から曇りで初日とは違って風が強かったです。その中でも午前スタート組では10アンダー「62」を出したペアが5組もいるなどビッグスコアが出ました。日本チームは前半少し苦しい展開でしたが、7番パー5の松山選手のイーグルを皮切りに一気に波に乗りました。

7番パー5は谷原選手が先に3打目を寄せてバーディを確定させたことで、松山選手は思い切って浅めのラインで狙っていくことができました。まさにチームで取ったイーグルですね。イーグルパットを決めた後には谷原選手が松山選手に「流れ変えたね!」と言葉をかけていました。

7番で松山選手がイーグル、その後は8番で谷原選手がバーディ、9番で松山選手がバーディ、10番は谷原選手がバーディと交互に取っていたのが良かったと思います。

ラウンド中の松山選手の表情を見ていると非常に安心してプレーしているように感じます。大学時代もキャプテンとしてチームを引っ張ってきた立場で、プロになってからは日本を代表するプレーヤーとして期待も背負いながらPGAツアーで戦っています。

今回のように谷原選手という兄貴分がいてくれることで、いつもと違って良い意味で甘えらる部分があって松山選手にとっては楽しいラウンドになっているように見えます。

谷さん、英樹と呼び合う2人ですが、谷原選手は自然体でドライな雰囲気を出してくれるので変に気を使わないところが良いチームワークに繋がっていると思います。

印象的なシーンだったのが9番パー3。谷原選手のティーショットはグリーン左の池に。すると、ティーインググラウンドからグリーンに行くまでに谷原選手、松山選手、キャディみんなでおにぎりを食べながら、谷原選手が「俺は池に入れちゃたからもう仕事終わりだ〜、あとはヒデキに任せたよ」とミスをしても明るい雰囲気を出していました。その後で松山選手がしっかりとバーディを取りました。和やかなムードでチームが良い状態になっていると感じました。

後半に入っても良い流れは続いて、10番では谷原選手の下りの難しいラインを2人で一緒に読んだり、12番パー4では2人ともにパーオンを逃しましたが松山選手がチップインバーディを決めました。

松山選手はここ最近ショートゲームの練習をよくやっています。11番でもグリーン奥の難しいバミューダ芝の逆目からものすごいスピンをかけて寄せました。しっかりとフェースに乗せたアプローチで本人も納得の表情。練習でやっていたことが本番で出すことができて手応えを感じていたと思います。松山選手が自分のプレーに集中できるのも兄貴分である谷原選手とのチームワークが良いからだと思います。

3日目は1つのボールを2人が交互に打ち合うフォアサム方式です。難しいフォーマットですが、初日、2日目と良い流れできている日本チームに期待したいです。

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.03】笑顔でラウンド、ダブルスで噛み合う2人!松山&谷原「2日目は10アンダーを目指す」

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.02】プロアマ戦は全ホールでローカルフードが食べ放題!松山英樹もザリガニをかぶり

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.01】松山&谷原チームジャパンの練習ラウンドに密着!グリーン周りの逆目のバミューダ芝に要注意


> ゴルフネットワークマガジン一覧


チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ

3日目前半 4/29(土) 深夜2:00~翌午前5:00 (LIVE)
3日目後半 4/30(日) 午後2:00~4:00
最終日前半 4/30(日) 深夜2:00~翌午前5:00 (LIVE)
最終日後半 5/1(月) 午後8:00~11:00

【見逃し配信】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ
【放送予定】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ



→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00100.html
<![CDATA[【動画】松山&谷原、23位タイで決勝Rへ 五輪メダリストペアは予選落ち]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00099.html Sat, 29 Apr 2017 01:39:00 +0900 【動画】松山&谷原、23位タイで決勝Rへ 五輪メダリストペアは予選落ち

チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ

2017年04月29日 10:39

 今季から160人80組のダブルス戦で行われている米男子ツアーのチューリッヒクラシック オブ ニューオリンズは現地時間28日、ルイジアナ州のTPCルイジアナを舞台に第2ラウンドの競技を終了。松山英樹&谷原秀人ペアは6アンダー66で回り、通算9アンダーで決勝ラウンド進出を決めた。

松山&谷原 チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ 2日目ハイライト(7H)

【PR】毎週更新!PGAツアー2017特設サイト

 2日日はフォーボール(2人がそれぞれ自分のボールでプレーし、ホールごとに良いほうのスコアを採用)方式で競技が行われた。3アンダー11位タイからスタートした谷原&松山ペアは、前半4番でボギーを叩くも、7番パー5で2オンに成功した松山が約5メートルのパットを決めてイーグル。8番では谷原がセカンドをベタピンにつけバーディ、続く9番パー3は松山が1メートルのパットを沈めバーディとし、3アンダーで前半を終えた。

 後半10番では谷原が7メートルのパットを決めバーディ。そして12番を松山、13番を谷原がそれぞれバーディを奪い、トータル1イーグル、5バーディ、1ボギーの6アンダー66で2日目を終了。トップと6打差の通算9アンダー23位タイで決勝ラウンド進出を果たした。

 競技終了後、谷原は「英樹のイーグルで波に乗れる」と7番がターニングポイントになったと語った。一方の松山は、この日の調子は良くないとしながらも「イーグルで流れが変わった」と感じた様子。さらに「(ショットを)真っすぐ飛ばさないと苦しくなる」と翌日のフォーサムに向け気を引き締めた松山は「集中して頑張りたい」と言及。谷原も「お互い上手くカバーできたらいい」と決勝ラウンドへの意気込みを語っている。

 一方、通算15アンダーで単独首位に立ったのはジョナス・ブリックスト(スウェーデン)&キャメロン・スミス(米)ペア。10アンダー「62」を叩き出し、単独首位に浮上した。

 通算14アンダー単独2位にパトリック・リード(米)&パトリック・キャントレー(米)ペア、通算13アンダー3位タイには崔京周&チャーリー・ウィーの韓国コンビとトロイ・メリット(米)&ロバート・ストレブ(米)ペア。ジョーダン・スピース(米)&ライアン・パーマー(米)ペア、チャーリー・ホフマン(米)&ニック・ワトニー(米)ペアらは通算12アンダーで5位タイにつけている。

 また、世界ランキング3位ジェイソン・デイ(豪)&同9位リッキー・ファウラー(米)ペアとリオデジャネイロ五輪金銀のジャスティン・ローズ(英)&ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ペアは予選ラウンド敗退となった。

 なお、3日目はフォーサム(1つのボールを2人が交互に打ち合う)、最終日はフォーボールで競い合う。

【関連】笑顔でラウンド、ダブルスで噛み合う2人!松山&谷原「2日目は10アンダーを目指す」
【関連】松山&谷原は11位タイ発進 J.スピース組がトップタイ


> ゴルフネットワークマガジン一覧


(写真:Getty Images)

チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ

2日目後半 4/29(土) 午後8:00~10:30
3日目前半 4/29(土) 深夜2:00~翌午前5:00 (LIVE)
3日目後半 4/30(日) 午後2:00~4:00
最終日前半 4/30(日) 深夜2:00~翌午前5:00 (LIVE)
最終日後半 5/1(月) 午後8:00~11:00

【見逃し配信】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ
【放送予定】チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ



→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00099.html
<![CDATA[22歳今季初シードの香妻陣一朗がノーボギー「65」で優勝戦線に浮上]]> https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00098.html Fri, 28 Apr 2017 10:04:00 +0900 22歳今季初シードの香妻陣一朗がノーボギー「65」で優勝戦線に浮上

とことん1番ホール生中継「中日クラウンズ」

2017年04月28日 19:04

愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催されている国内男子ツアー「中日クラウンズ」。今平周吾が「65」とスコアを伸ばし通算10アンダーで首位をキープ。選手会長の宮里優作とベテラン谷口徹が8アンダーで続く展開に。

初シード組の香妻陣一朗が5バーディ、ノーボギー「65」をマークし、トップと3打差の4位タイと優勝戦線に浮上した。

中日クラウンズ初出場ながら難コース和合を相手に大会初日は3バーディ、1ボギー「68」のラウンドで9位につけた香妻は2日目も好プレーを続ける。

今大会のコースセッティングを担当する細川和彦プロによると「1番ホールは1オンを狙い成功すれば良いですが、失敗すれば残りの17ホールを苦しむ。1番ホールを上手く切り抜けられれば、流れが良くなる」と話すように、香妻は1番スタートホールで幸先の良いバーディを奪うと5番、12番、16番、18番といずれもパー4でバーディを奪いスコアを伸ばした。

昨シーズンは「マイナビABCチャンピオンシップ」で自身初のトップ10入りとなる4位に入りプロ4年目で初シードを獲得。「以前は喜怒哀楽が表に出てしまっていたが、昨年から気持ちのコントロールができるようになった」とメンタル面での成長を口にしていた。(5月放送 ゴルフ真剣勝負 the MATCH 堀川未来夢vs香妻陣一朗より)

今年の目標はずばり「優勝」。「今シーズンはとにかく優勝したい。自分たちのような若手が優勝して男子ゴルフ界を盛り上げたい」と熱い気持ちで戦う。難攻不落の和合で優勝争いに加わることができるか、明日3日目のムービングデーが重要になる。

5月放送 ゴルフ真剣勝負 the MATCHは若手対決!堀川未来夢vs香妻陣一朗 5/3(水・祝)21時放送

【2日目成績】
1位 今平 周吾(-10)
2位 宮里 優作(-8)
2位 谷口 徹(-8)
4位 香妻 陣一朗(-7)
4位 I・H・ホ(-7)

【3日目主な注目組のスタート時間】
08:10 宮本 勝昌 / 川村 昌弘 / 星野 英正
08:30 薗田 峻輔 / 藤田 寛之 / 星野 陸也
09:35 A・キュー / 松村 道央 / 池田 勇太
09:45 小平 智 / 稲森 佑貴 / 小林 正則
10:50 B・ジョーンズ / 片岡 大育 / I・J・ジャン
11:00 上井 邦裕 / J・パグンサン / 岩田 寛
11:10 時松 隆光 / T・クロンパ / 藤本 佳則
11:20 武藤 俊憲 / I・H・ホ / 香妻 陣一朗
11:30 谷口 徹 / 宮里 優作 / 今平 周吾

中日クラウンズ とことん1番ホール生中継

3日目 4/29(土)8:00〜12:00
最終日 4/30(日)7:00〜11:00

(写真提供:JGTO)

【動画】じっくり徹底解剖! 中日クラウンズ

【関連】「名古屋は地元です!」選手会長宮里優作が首位と3打差の6位好スタート

【関連】青木功・ジャンボ尾崎と同組のルーキー星野は緊張の和合デビュー「組合せを聞いてびっくり!一生に一度あるかないか貴重な経験です」

【関連】片岡大育vs金庚泰の一騎打ち 2016年大会激闘の真実に迫る「プレーオフでパーパットをどちらが先に打つかが大事だった」

ゴルフネットワーク4月は国内男子ツアー開幕特集!

いよいよ、国内男子ツアーも開幕を迎えます!ゴルフファンが待ちに待った、春到来!!ゴルフネットワークでは、国内ツアー応援宣言と題して、特集番組をお届けします!

> ゴルフネットワークマガジン一覧


→詳細

]]>
https://www.golfnetwork.co.jp/magazine/articles/201704-00098.html