ゴルフネットワーク ゴルフニュースRSS ゴルフネットワーク公式ホームページより、国内外の最新ゴルフニュースを連日配信。ゴルフ最新ニュース新着情報 http://www.golfnetwork.co.jp/ Copyright c 1998 - 2017 JUPITER GOLFNETWORK CO.,LTD. All Rights Reserved. ja ja Tue, 28 Feb 2017 00:00:00 +0900 <![CDATA[D.フィチャード、4年ぶりのツアーV 荒天による短縮競技を制する]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00048.html Mon, 27 Feb 2017 02:31:00 +0900 D.フィチャード、4年ぶりのツアーV 荒天による短縮競技を制する

ヨーロピアン

 荒天により54ホールの短縮競技が決定していた欧州ツアー&南ア・サンシャインツアー共催のジョバーグ・オープンは現地時間26日、南アフリカのロイヤル・ヨハネスバーグ&ケンジントンGCのイーストC(EC/パー72)およびウェストC(WC/パー71)を舞台に順延となっていた最終ラウンドの競技を終了。ダレン・フィチャード(南ア)が地元でツアー通算5勝目を挙げた。

 首位タイからスタートしたフィチャードは、5バーディ、1ボギーの4アンダー68とスコアを伸ばすことに成功。通算15アンダーで約4年ぶりのツアー優勝を飾った41歳の同選手は「ハードワークが報われた」と喜びを語っている。1打差の通算14アンダー2位タイにはポール・ワーリング(英)とスチュアート・マンレー(ウェールズ)が並んだ。なお、上位3名は7月に行われる全英オープンの出場権が与えられる。

 その他上位陣は、世界ランキング69位のブランドン・ストーン(南ア)は、「67」とスコアを伸ばし、通算13アンダー4位タイ。ジョージ・クッツェー(南ア)は、7つスコアを伸ばし、前日の53位タイから7位タイに大きく順位を上げた。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00048.html
<![CDATA[A.ヤン、今季初優勝! 日本勢最高位は野村の45位タイ...]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00047.html Sun, 26 Feb 2017 10:39:00 +0900 A.ヤン、今季初優勝! 日本勢最高位は野村の45位タイ...

LPGA

 米女子ツアーのホンダLPGAタイランドは現地時間26日、タイのサイアムCC パタヤ・オールドCを舞台に順延となっていた第3ラウンドと最終ラウンドの競技を終了。エイミー・ヤン(韓)がツアー通算3勝目を挙げた。

 第3ラウンドを3ホール残していた野村敏京は、17番でボギーを叩くなど、4オーバー76でホールアウトする。迎えた最終ラウンドでは、前半だけで3つスコアを伸ばすも後半は苦戦。トータル4バーディ、4ボギーの「72」でラウンドし、通算イーブンパー45位タイ。一方48位タイからスタートした畑岡奈紗は、4バーディを奪うも、4ボギー、1ダブルボギーと2オーバー74とスコアを落とし、この日「72」で回った宮里藍らとともに通算3オーバー56位タイで4日間の競技を終えた。

 第3ラウンドを5ホール残していたヤンは、17番でバーディを奪うなど、7アンダー65をマーク。最終ラウンドも勢いそのままに、ノーボギーの「68」と安定したゴルフを展開。一時リュウ・ソヨン(韓)に3打差まで迫られるも、通算22アンダーと大会記録を更新し、2015年以来のツアー3勝目を飾った。

 そのほか上位陣は、通算17アンダー単独2位にはリュウ。この日「67」をマークしたディフェンディング・チャンピオンのレクシー・トンプソン(米)は通算13アンダー4位タイ。地元優勝を目指したアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は、ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.1のリディア・コ(ニュージーランド)らと通算11アンダー8位タイで大会を後にした。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00047.html
<![CDATA[ジョバーグOPは3日連続のサスペンデッドで短縮競技に]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00046.html Sun, 26 Feb 2017 02:00:00 +0900 ジョバーグOPは3日連続のサスペンデッドで短縮競技に

ヨーロピアン

 欧州ツアー&南ア・サンシャインツアー共催のジョバーグ・オープンは現地時間25日、南アフリカのロイヤル・ヨハネスバーグ&ケンジントンGCのイーストC(EC/パー72)およびウェストC(WC/パー71)を舞台に順延となっていた第2ラウンドと第3ラウンドの競技を行ったものの、荒天のため3日連続となるサスペンデッドに。54ホールの短縮競技となることが決定した。

 リーダーボードの暫定トップは通算11アンダーのポール・ワーリング(英/スタート前)とダレン・フィチャード(南ア/スタート前)。フィチャードは第2ラウンドを1イーグル、5バーディ、1ボギーの6アンダー「66」でプレー。ツアー5勝目をかけて、最終日に挑む。トップと1打差の3位タイには、ともに地元のディーン・バーメスター(スタート前)とジェイクス・クライスワイク(スタート前)がつけている。

 世界ランキング69位のブランドン・ストーン(南ア/スタート前)は、通算8アンダー暫定11位タイから逆転を狙う。ジョージ・クッツェー(南ア/1ホール終了)らが、通算7アンダー暫定16位タイとなっている。なお、最終日は全選手がイーストCをプレーする。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00046.html
<![CDATA[連日のサスが決定...日本勢は苦戦を強いられる]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00045.html Sat, 25 Feb 2017 12:52:00 +0900 連日のサスが決定...日本勢は苦戦を強いられる

LPGA

 米女子ツアーのホンダLPGAタイランドは現地時間25日、タイのサイアムCC パタヤ・オールドCを舞台に順延となっていた第2ラウンドと第3ラウンドの競技を行ったものの、日没により2日連続となるサスペンデッドが決定した。

 第2ラウンドを1番まで終えていた野村敏京は、4バーディ、4ボギーと「72」で第2ラウンドをホールアウト。30分間のインターバル後挑んだ第3ラウンドでは、2番から連続ボギーを喫する苦しい展開が続く。すると15番終了後にサスペンデッドが決定し、通算1アンダー暫定41位タイでこの日の競技を終えた。

 一方、前日に5番までプレーした畑岡奈紗は、1オーバー71で第2ラウンドをホールアウト。迎えた第3ラウンドでは、1番から3連続ボギーを喫するなど、3バーディ、5ボギーの2オーバー74でラウンドし、通算1オーバー暫定47位タイまで順位を下げた。また宮里藍は、第2ラウンドで3オーバー75、第3ラウンドも1オーバー73とスコアを伸ばせず、通算3オーバー暫定55位タイと下位に沈む。

 エイミー・ヤン(韓/13ホール終了)がこの日も暫定ながら首位をキープ。第2ラウンドで「67」をマークし、第3ラウンドでは7番でイーグルを奪うなど通算17アンダーまでスコアを伸ばした。4打差の通算13アンダー暫定2位には、「68」をマークしたリュウ・ソヨン(韓)。通算11アンダー暫定3位タイにはキム・セヨン(韓/13ホール終了)らが並ぶ。

 2位タイで大会を折り返したフォン・シャンシャン(中/14ホール終了)は、地元タイのアリヤ・ジュタヌガーン(13ホール終了)らとともに通算10アンダー暫定5位タイ。ディフェンディング・チャンピオンのレクシー・トンプソン(米/16ホール終了)は、通算8アンダー暫定13位タイ、ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.1のリディア・コ(ニュージーランド)は、通算7アンダー暫定15位タイにつけている。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00045.html
<![CDATA[連日のサスペンデッド P.ワーリングが暫定単独首位に]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00044.html Sat, 25 Feb 2017 03:18:00 +0900 連日のサスペンデッド P.ワーリングが暫定単独首位に

ヨーロピアン

 欧州ツアー&南ア・サンシャインツアー共催のジョバーグ・オープンは現地時間24日、南アフリカのロイヤル・ヨハネスバーグ&ケンジントンGCのイーストC(EC/パー72)およびウェストC(WC/パー71)を舞台に順延となっていた第1ラウンドと第2ラウンドの競技をおこなったものの、連日となる日没サスペンデッドが決定した。

 暫定単独トップは通算12アンダーのポール・ワーリング(英)。ウェストCを12番までプレーすると、9番から3連続バーディを奪うなどノーボギーの5アンダーとして2日目のプレーを終えた。トップと1打差の暫定2位タイには、共にイーストCをプレーしたダレン・フィチャード(南ア)、ディーン・バーメスター(南ア/15ホール終了)がつけている。

 初日に「62」をマークしたポール・ピーターソン(米)は、イーストCで苦戦。12番までに2バーディ、4ボギーの2オーバーとスコアを落とし、通算7アンダーでブランドン・ストーン(南ア/イーストC)らと並んで暫定14位タイに後退している。グレーム・ストーム(英/ウェストC)は、3アンダー68でホールアウトし、通算5アンダー暫定45位タイとなっている。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00044.html
<![CDATA[米女子ツアーは荒天サスに 畑岡奈紗、宮里藍は共にスコア落とす]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00043.html Fri, 24 Feb 2017 09:56:00 +0900 米女子ツアーは荒天サスに 畑岡奈紗、宮里藍は共にスコア落とす

LPGA

 米女子ツアーのホンダLPGAタイランドは現地時間24日、タイのサイアムCC パタヤ・オールドCを舞台に第2ラウンドの競技を行ったものの、荒天によりサスペンデッドが決定。翌午前7時より再開されることとなった。

 日本勢では7位タイから出た野村敏京は1番をパーで終えた時点でプレーを終え、通算4アンダー暫定9位タイ。初日22位タイの畑岡奈紗は5ホールをプレーし、2番から連続ボギーを喫して2オーバー。通算イーブンパー暫定35位タイとなっている。また、宮里藍は1番でバーディを先行させるも3番からの4ホールで3ボギーを喫し、通算1オーバー暫定43位タイに順位を落としている。

 通算6アンダー暫定トップタイは、共にスタート前のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)とエイミー・ヤン(韓)。1打差の暫定3位には、フォン・シャンシャン(中/スタート前)、キム・セイヨン(韓/スタート前)、クリスティー・カー(米/5ホール終了)らが並んでいる。

 ディフェンディング・チャンピオンのレクシー・トンプソン(米)は、1ホールを終了した時点で通算4アンダー暫定9位タイ。ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.1のリディア・コ(ニュージーランド)は、6番までに1バーディ、1ボギーとし、通算2アンダー暫定24位タイとなっている。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00043.html
<![CDATA[新パター投入のP.ピーターソンが「62」で暫定単独首位!]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00042.html Fri, 24 Feb 2017 03:40:00 +0900 新パター投入のP.ピーターソンが「62」で暫定単独首位!

ヨーロピアン

 欧州ツアー&南ア・サンシャインツアー共催のジョバーグ・オープンは現地時間23日、南アフリカのロイヤル・ヨハネスバーグ&ケンジントンGCのイーストC(EC/パー72)およびウェストC(WC/パー71)を舞台に第1ラウンドの競技を行ったものの荒天によるサスペンデッドが決定。翌午前6時45分から再開されることとなった。

 暫定単独首位に立ったのは、ウェストCを9アンダー62で回ったポール・ピーターソン(米)。9バーディ、ノーボギーと完璧なプレーで初日を終えて「今日は気分よくプレーが出来た。新しいパター試しているが、そのパターでの初日が良いラウンドになったので、とても嬉しいよ」と本人も喜びを表している。

 トップと2打差の暫定2位タイには、ともにイーストCをラウンドしたアーロン・ライ(英)とポール・ワーリング(英)。世界ランキング178位のロメイン・ランガスキュー(仏/WC)が6アンダー「65」で、ジェイブ・クルーガー(南ア)らと並んで暫定4位タイとなっている。

 SAオープン選手権を制したグレーム・ストーム(英)はイーストCを12ホールプレーし、2バーディ、1ボギーの1アンダーで暫定78位タイ。地元出身のトーマス・エイケンはウェストCをイーブンパー71でラウンドし、暫定109位タイとなっている。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00042.html
<![CDATA[R.マキロイ、マンUレジェンド・ギグス氏とのペアに大興奮!]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00041.html Thu, 23 Feb 2017 12:07:00 +0900 R.マキロイ、マンUレジェンド・ギグス氏とのペアに大興奮!

ヨーロピアン

 プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドの熱狂的なサポーターとしても知られるローリー・マキロイ(北アイルランド)。そんなマキロイがBMW PGA選手権(現地時間5月25日~28日/英国、ウェントワースC)のプロアマ戦で、ユナイテッドのレジェンド、ライアン・ギグス氏とのペアが決まり大興奮している。

 マキロイがマンUファンなのは有名な話。以前、ライダーカップを前に、欧州チーム主将のポール・マクギンリー(アイルランド)が選手たちの士気を高めるため、元マンチェスター・U監督のアレックス・ファーガソン氏をグレンイーグルスに招待した時は、興奮のあまり「一種のトランス状態」だったと語っていた。

「マンチェスター・Uの歴史において、ギグシー(ギグス氏の愛称)より伝説的な選手はいない。そんな彼とラウンドできるなんて!」とマキロイ。

 一方、「マキロイとプレーするよう頼まれた時は少々驚いたが、とても名誉なことだ。私は彼の大ファンだから、間近でプレーを見られることを楽しみにしている」とギグス氏。現役時代は大観衆の前で華麗なプレーを披露していた同氏だが、「世界最高の選手の1人とパートナーを組むこととはかなり違う。5月の前に少し練習がいるな!」と語り、残り3か月での猛練習を誓っていた。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00041.html
<![CDATA[好調・野村が2差7位T発進! トップは地元A.ジュタヌガーンとA.ヤン]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00040.html Thu, 23 Feb 2017 10:42:00 +0900 好調・野村が2差7位T発進! トップは地元A.ジュタヌガーンとA.ヤン

LPGA

 米女子ツアーのホンダLPGAタイランドは現地時間23日、タイのサイアムCC パタヤ・オールドCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。野村敏京が4アンダー68を叩き出し、トップと2打差の7位タイと好発進を切った。

 野村がツアー3勝目に向けてエンジン全開だ。この日はスタートホールの10番でバーディ発進を切ると、前半を1アンダーでハーフターン。後半は1番、2番の連続を含む4バーディ(1ボギー)を積み重ねて68をマークし、初日を終えてトップと1打差の好位置につけた。自身今季初戦のオーストラリアン女子オープンでは3位タイに入っており、続くタイでも好調をキープしている。

 また、ツアー3戦目の畑岡奈紗も、前半をイーブンパーで乗り切ると、後半は4番、9番でスコアを伸ばして2アンダー70で回り22位タイ。2010年大会チャンピオンの宮里藍はアウトスタートの3番でダブルボギー、6番、7番で連続ボギーを叩く苦しいスタートとなりながら、後半は4バーディを奪って、終わってみれば1アンダー71の27位タイと上位もうかがえる位置で初日を終えた。

 初日を終えてトップは6アンダー66を記録したアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)とエイミー・ヤン(韓)。世界ランキング2位で地元Vを狙うジュタヌガーンは、この日ノーボギーとさすがのゴルフを見せた。1打差3位タイにキム・セイヨン(韓)、イ・ミンジ(豪)ら4選手。野村と同じ7位グループには昨年大会覇者のレクシー・トンプソン(米)ら5選手がつけている。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00040.html
<![CDATA[本命T.エイケン、対抗G.ストーム 大穴は41歳スコットランド人]]> http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00039.html Thu, 23 Feb 2017 06:48:00 +0900 本命T.エイケン、対抗G.ストーム 大穴は41歳スコットランド人

ヨーロピアン

 欧州ツアー&南ア・サンシャインツアー共催のジョバーグ・オープンは現地時間23日に開幕。今週は今シーズン最大のフィールドとなる210選手が、ロイヤル・ヨハネスバーグ&ケンジントンGCに集結しタイトルを争う。

 欧州ツアー公式ページでは、今大会で注目すべき3人のプレーヤーを本命、対抗、大穴といった形で紹介している。

 本命はヨハネスバーグ出身のトーマス・エイケン。開幕戦のアルフレッド・ダンヒル選手権で4位タイ、先月のSAオープン選手権で5位タイと、南アフリカで行われるトーナメントで好成績を残しており、ジョバーグ・オープンでもここ5回の出場で4度のトップ10入りと毎回上位に絡んでいる。

 対抗はグレーム・ストーム(英)。SAオープン選手権で優勝を飾った英国人は、2012年大会に西コースで自己最少スコアの「62」をマークしている。また、大穴には今大会に初年度から10年連続で出場し、コースを熟知しているデビッド・ドライズデイル(スコットランド)が選ばれた。

 今大会では10位タイ以内に入った選手のうち、全英オープンへの出場権を持たない選手上位3名にその出場資格が与えられる。昨年は地元の新生・ハイドン・ポーティアスが最終日に抜け出して欧州ツアー初V。ロイヤルトルーンへの切符を獲得し、本大会でも予選を突破して30位タイに入ってみせた。今年も多くの選手がポーティアスのように人生を変える1週間を送ろうとしているはずだ。

→詳細

]]>
http://www.golfnetwork.co.jp/m/tournament/news/articles/201702-00039.html