ゴルフネットワークマガジン

笠りつ子首位と2打差優勝圏内に「今オフは毎日9時間以上の打ち込み、誰にも負けないくらい練習した」

笠りつ子首位と2打差優勝圏内に「今オフは毎日9時間以上の打ち込み、誰にも負けないくらい練習した」

国内ゴルフ応援宣言! ヨコハマタイヤ PRGRレディス

2017年03月11日 18:15

笠りつ子首位と2打差優勝圏内に「今オフは毎日9時間以上の打ち込み、誰にも負けないくらい練習した」

国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」2日目は全体の平均スコアが74.39(+2.39)と初日より1打以上悪くなるど厳しいコンディションとなり、予選カットラインは2オーバーに。

多くの選手がスコアメイクに苦しむ中、初日トップの青木瀬令奈は2バーディ、3ボギーの「73」でスコアを1つ落としながらも、通算6アンダーで首位をキープ。ツアー初優勝をかけて明日の最終日へ臨む。

その青木を2打差で追うのが昨年の賞金ランキング日本人1位の笠りつ子。上位陣が苦しむ中、3バーディ、1ボギーの2アンダー。通算スコアを4アンダーまで伸ばし、今シーズンの初優勝に向けて射程圏内に捉えた。

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】合宿先のタイで笠りつ子と木戸愛がマッチプレーで対決!

昨年を振り返り、「日本人トップの嬉しさよりも韓国勢2人に負けた悔しさの方が大きい」と語っていた笠。「日本人選手が頑張らなくてはいけない、今年は私がやるんだ!という気持ちで臨みたい」と今シースンにかける強い気持ちがある。昨年、夢であったという1億円プレーヤーとなり、今年の目標はずばり"2億円"を掲げた。

それでも「賞金女王は最後のご褒美。先ずは1試合1試合に集中してやっていきたい」と冷静にシーズンの戦いを見据える。

今オフはショートゲームを課題に挙げ、合宿先のタイでは徹底的に打ち込んだ。朝7時〜9時までトレーニング、そのあとは9時間以上も日が暮れるまで練習場でボールを打ち続ける毎日。1月中旬〜2月中旬までの約1ヶ月はラウンドをせずにひたすら打ち込むというから驚きだ。

今オフはショートゲームに磨きをかけた

「練習は嫌いだけど、打つのが好きなので、どうしてもショットを中心にやってしまう。タイでは無心になれるからつい打ってしまう」という。30Yのアプローチまで入れると1日で1,000球以上は打っていたようだ。それも全ては今シーズンの戦いに向けて。

開催コースの「土佐カントリークラブ(高知県) 」は全長6,228ヤードのPar72とツアーの中でも距離が短いコースで、海風の影響も受けやすくアイアン勝負にもなる。笠のパーオン率(予選ラウンド合計)は77.8%(28/36)で全体の5位。確実なショットがボギーを打たないスコアメイクにつながっている。

「時間だけで言えば、どのプロにも負けないくらいの練習量と言える。たくさん練習したことで自信もついて。この1打を活かせる日が来るのを楽しみに戦いたい」

開幕2戦目にして早くもその時が訪れようとしている。

【関連】笠りつ子単独インタビュー「プロ12年目の成長、オンとオフの切り替え」

【関連】the MATCH番組特設サイトでは2人のプライベートトークや収録の裏側、フォトギャラリーを公開中!!

【大会2日目成績】
1位 青木瀬令奈(-6)
2位 キム・ハヌル(-5)
2位 大山志保(-5)
2位 藤崎莉歩 (-5)
5位 カン・スーヨン(-4)
5位 笠りつ子(-4)
7位 森田遥(-3)
7位 全美貞(-3)
7位 福田裕子(-3)

大会最終日はとことん1番ホール生中継!
「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」
最終日 3/12(日)午前7:30~10:00

2017年、国内ツアー番組が増える!新番組「ぎゅっと週刊国内ツアー」スタート

『国内ゴルフ応援宣言!』3月は国内女子ツアー開幕特集!PRGRレディスはとことん1番ホール生中継

とことん1番ホール生中継 第1弾
「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」
最終日 3/12(日)午前7:30~10:00

「ぎゅっと週刊国内ツアー」
3/13(月)午後11:00~11:15

【動画】じっくり徹底解剖! ヨコハマタイヤ PRGRレディス

> ゴルフネットワークマガジン一覧

(写真:Getty Images)

不正視聴 それは、犯罪 大正製薬

MIZUNODUNLOPBRIDGESTONE

  • ゴルフネットワーク on Facebook
  • ゴルフネットワーク on Twitter