情報・バラエティ

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~チーム孔明 3マッチトーナメント~

この番組のキーワード
  • ゴルフ真剣勝負 the MATCH
  • 小田 孔明
    2016年4月に放送をスタートし、これまで50組(2020年7月現在)のマッチプレーを放送してきた「ゴルフ真剣勝負 theMATCH」。5年目を迎え、8月からは新たな試合方法で、更なる“勝負感”を演出し、よりハイレベルなプロの技・真剣勝負を毎月お伝えする。4名のプロによる3試合のミニトーナメントを開催し、優勝者には賞金50万円が贈呈される。1試合1話で、予選2試合、決勝1試合の計3試合をを放送。3ヶ月毎にシリーズを更新し、テーマに沿ったプロが出演する。8月~10月放送は、チーム小田孔明から選ばれし4名のプロが登場!8月は予選MATCH①として小田孔明プロvs出水田大二郎プロが対決。9月予選MATCH②は秋吉翔太プロvs北村晃一プロが対決。そして10月の決勝MATCH③では、MATCH①の勝者とMATCH②の勝者が対決する。

    今回のthe MATCH 撮影コース

    今回のthe MATCH 撮影コース

    太平洋クラブ成田コース

    太平洋クラブ成田コース

    成田国際空港に程近く、4大メジャーを制したゲーリー・プレーヤーが設計に携わった林間コース。
    戦略性の高い印象的なホールや、トッププロも絶賛のグリーンを満喫していただけます。

    放送予定

    放送日程
    放送エピソード

    2020年8月8日(土)

    午後0:00~午後1:30

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52

    2020年8月13日(木)

    午後1:30~午後3:00

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52

    2020年8月14日(金)

    午前7:00~午前8:30

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52

    2020年8月17日(月)

    午前0:00~午前1:30

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52

    2020年8月18日(火)

    午前6:30~午前8:00

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52

    2020年8月26日(水)

    午後11:00~午前0:30

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52

    2020年8月30日(日)

    午前10:45~午後0:15

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH #52
    • スマホ・PCで いつでも どこでも 番組が見られる! 権利上の理由により同時配信・見逃し配信を実施していないあるいは配信期間が終了している番組がございます。

    ニュース

    ニュースはありません。

    小田 孔明プロ サイン入り グッズ
    出水田 大二郎プロ サイン入りグッズ
    それぞれ1名様、合計2名様にプレゼント!
    <応募受付期間>
    8月5日(水)21:00〜8月31日(月)23:59


     

    ゴルフ真剣勝負 the MATCH

    <小田 孔明>
    1978年6月7日生まれ、福岡県出身、176cm・85kg、ツアー通算8勝。
    名前の由来は、三国志のファンだった父が諸葛孔明にちなんで名付けた。
    プロ転向は2000年、ツアーデビューは03年、初のシード獲得は07年とプロ入り後、苦労が続いたが、2007年の初シード獲得を機に一気にトッププロの地位を固めた。 翌08年にカシオワールドで初優勝。同年、平均パット数1位に輝いた。09年は2勝を挙げ自身初の1億円突破で賞金ランク3位、海外メジャーにも初参戦。11年はトップ10がシーズン最多の12試合を数えた。13年に2度目の1億円超えを記録し賞金ランク4位、14年は年間2勝を挙げ、2位が3度、3位に2度入り初の賞金王に輝いた。15年は7度トップ10に入るも未勝利。そこから優勝が遠ざかっている。

    <出水田 大二郎>
    1993年2月5日生まれ、鹿児島県出身、183cm・83kg、ツアー通算1勝。
    小学4年生の時、横峯さくらの父・良郎氏が主宰する「めだかクラブ」でゴルフを始める。小中同級生の香妻琴乃、弟の香妻陣一朗らと腕を磨いた。中学3年から高校3年まで、九州ジュニアを4連覇。高校卒業直後にプロ宣言し、12年チャレンジツアーでプロデビュー。2戦目のきみさらずGL・GMAチャレンジで、19歳のルーキーながら、いきなり優勝を果たした。ただ、以降は低迷しQTでファイナルに進むものの上位には入れず、チャレンジツアーでも成績を残せなかった。17年は、日本プロで初日75位から追い上げ、自身初のトップ10となる10位でフィニッシュ。初シード獲得の足掛かりとなった。18年は初の最終日最終組となったRIZAP KBCオーガスタで首位タイから逃げ切り初優勝を飾った。19年は韓国のハナバンク招待で2位。国内開幕戦の東建ホームメイトカップで、最終日最終組をプレーしたが2勝目には届かなかった。

    ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

    施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
    ご利用をご検討中のお客様へ

    ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
    ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。