PGAツアー

2018 全米プロゴルフ選手権

  • 8月9日(木)~8月12日(日)
  • コース:ベルリーブCC(ミズーリ州)
  • 賞金総額:1,050万ドル(優勝賞金:189万ドル)
  • 実況:薬師寺広(前半)/田中雄介(後半) 解説:内藤雄士(前半)/佐藤信人(後半) ゲスト解説:井戸木鴻樹(1日目)
  • 全ラウンド生中継
■4日目主なペアリング ※日本時間

<8月12日>
PM22:32 松山英樹/ラッセル・ヘンリー
PM23:53 池田勇太/キーガン・ブラッドリー
<8月13日>
AM0:02 小平智/トミー・フリートウッド
AM3:35 タイガー・ウッズ/ゲーリー・ウッドランド
AM3:45 リッキー・ファウラー/ジョン・ラーム
AM3:55 アダム・スコット/ブルックス・ケプカ(最終組)

 

 
全米プロゴルフ選手権2017特設サイト

試合結果

2018 全米プロゴルフ選手権

順位
選手名
1R
2R
3R
4R
合計
スコア
1
ブルックス・ケプカ
69
63
66
66
264
-16
2
タイガー・ウッズ
70
66
66
64
266
-14
3
アダム・スコット
70
65
65
67
267
-13
4
スチュワート・シンク
67
69
66
67
269
-11
4
ジョン・ラーム
68
67
66
68
269
-11

詳細を見る

開催100回記念を迎えるメジャー大会。来年から5月開催へ変更となるため、今年が最後の8月開催となる。ミズーリ州タウン・アンド・カントリーにある開催コース ベルリーブカントリークラブは2013年、井戸木鴻樹プロが全米シニアプロゴルフ選手権で日本男子初となるメジャー制覇を成し遂げた舞台だ。松山英樹の涙が印象的だった昨年大会。2日目に64を記録し、一気に優勝争いに加わると、最終日バックナインを単独トップで迎えた。しかし、11番から13番まで連続ボギー、難関の“グリーンマイル”と称される16番で痛恨のボギーで万事休す。インタビューでは一言、「悔しいです。」と涙を拭いながら答えた。優勝はジャスティン・トーマス。首位と2打差でスタートした最終日、終始我慢のゴルフを展開。9番で11mのバーディパットを沈めると、10番ではカップの縁に止まるかに見えたバーディパットがカップへ落ち、流れを一気に引き寄せた。メジャーを初めて制覇したトーマスは、この後一気にシーズン王者まで駆け上がった。杉澤プロキャディーが、「これはひとつの幕開け」と語ったインタビューから1年。今年こそ悲願の優勝へ…今年も4日間合計32時間にわたり生中継でお届けする。