ゴルフネットワークマガジン

冴え渡るパッティングで高麗グリーンを攻略、自身初の5連続バーディでハーフ「29」の堀が単独首位発進

冴え渡るパッティングで高麗グリーンを攻略、自身初の5連続バーディでハーフ「29」の堀が単独首位発進

国内ゴルフ応援宣言!

2017年04月21日 20:38

冴え渡るパッティングで高麗グリーンを攻略、自身初の5連続バーディでハーフ「29」の堀が単独首位発進

静岡県の川奈ホテルゴルフコース 富士コースで開催されている国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」。大会初日はバーディ合戦でスコアの伸ばし合いとなった。

初日、首位に立ったのはツアー初優勝を目指す堀琴音。初日、1番ホールでバーディスタートを決めると、そこから自身初となる圧巻の5連続バーディでスコアを伸ばす。

「自分でもびっくりのバーディラッシュでプレー中も緊張した」という堀だが、さらに7番、8番でもバーディを奪い9ホールで7バーディ。自己ベストとなるハーフ「29」を記録。後半は2バーディ、2ボギーとスコアは変わらず「36」。前半の「29」同様にツアーでの自己ベストとなる「65」でフィニッシュ。

ホールアウト後には「グリーンが高麗で難しいと思っていたけどすごく良いスコアが出て自信になった」と話すように1ラウンドでのパット数は「26」。芝目が強くラインが読みづらい高麗グリーンの川奈を攻略。

昨シーズンは未勝利ながらもトップ10入り8回で年間獲得賞金は7,000万円を突破。賞金ランキングは自己最高の11位で終えたがツアー初優勝に手が届きそうで届かない悔しいシーズンでもあった。

記憶に新しいのは「日本女子オープン」。最終日に一時はトップに立った堀だったが、17番で痛恨のボギー。アマチュアの畑岡奈紗に1打及ばずで惜敗、ホールアウト後には悔しさで涙した。

「明日も今日みたいなプレーがしたい」と意気込みを語った堀。2006年以降、川奈で開催されるようになってから7人の初優勝者を排出している「フジサンケイレディスクラシック」。ニューヒロイン誕生の舞台でもある川奈で堀がツアー初優勝に向けて挑む。

【初日成績】
1位 堀 琴音(-7)
2位 吉田 弓美子(-6)
2位 キム ハヌル(-6)
4位 松森 彩夏 (-5)
4位 藤本 麻子(-5)

ゴルフネットワーク4月は国内男子ツアー開幕特集!

いよいよ、国内男子ツアーも開幕を迎えます!ゴルフファンが待ちに待った、春到来!!ゴルフネットワークでは、国内ツアー応援宣言と題して、特集番組をお届けします!

> ゴルフネットワークマガジン一覧

(写真:GettyImages)

不正視聴 それは、犯罪 大正製薬

MIZUNODUNLOPBRIDGESTONE

  • ゴルフネットワーク on Facebook
  • ゴルフネットワーク on Twitter