ゴルフネットワークマガジン

「ダイスケ、ヒデキのそばにいってやれ」ミケルソンのキャディがとったスポーツマンシップ

「ダイスケ、ヒデキのそばにいってやれ」ミケルソンのキャディがとったスポーツマンシップ

杉ちゃんが行く!PGAツアー現地レポート

2017年05月12日 20:21

「ダイスケ、ヒデキのそばにいってやれ」ミケルソンのキャディがとったスポーツマンシップ

「ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ」1日目、イーブンパーの51位タイ発進となった松山英樹。大会初日、松山の18ホールに帯同したオンコースアナライザーの杉澤伸章はあるシーンに注目した。

【毎日更新!】今日の松山英樹はPGAツアー特設サイトでチェック!11番・12番連続バーディを動画で無料配信中

【毎日更新!】トーナメントの裏側や選手のオフショット満載!「杉ちゃんが行く!TPCソーグラス」特設サイト

杉ちゃんが行く!ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ 現地レポート

【オンコースアナライザー杉澤伸章】

TPCソーグラスで最も難しい18番ホールでティーショットを池に入れてしまった松山選手はこのホールでダブルボギー。続く1番ホールでもティーショットが右のラフへ。バミューダ芝の深いラフだったので、芝が粘り強くて硬い難しいライでした。2打目でグリーンはとらえましたが、上りで逆目の最後は下りと非常に読みづらいラインで3パットのボギーに。

18番、1番と連続でスコアを落とした後の2番パー5では2オンを狙いましたが、わずかに外れてショートサイドの右バンカーに。完璧なショットでしたが、距離のある難しい下りのパットが残りました。すると、同組でプレーするフィル・ミケルソンのキャディのボーンズが進藤キャディに声をかけてバンカーをならしてくれるシーンが。

松山選手の流れが悪いから「ダイスケ、ヒデキのそばにいってやれ」というメッセージだったと思います。松山選手、進藤キャディがツアーの中で信頼を得ている表れだと感じました。

同組のミケルソンは18番でボギー、ジョーダン・スピースは1番でダブルボギーと組全体の流れも良くなかったので、「まだまだこれから、一緒にがんばろう」という雰囲気作りもあったのではと思います。

大会初日、ミケルソンは2アンダーで18位タイ、スピースは1オーバーの66位タイ。2日目の3人のプレー、そして3人のキャディにも注目です。

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.06】松山英樹 初日パーオン率72%も「アイアンが思ったよりキャリーが出て10ヤード飛んだ」

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.05】約2時間もパッティング練習するマキロイ、器具を使って左に引っ掛けるクセを修正

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.04】ミドルネーム募集!? 池田勇太は全米OP目指して3試合連続でPGAツアー参戦を決意

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.03】昨年から大きく変わった12番パー4、積極的に1オンを狙わせるPGAツアーの演出意図とは

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.02】ザ・プレーヤーズ選手権初出場の池田勇太は日曜日に練習場へ一番乗り!ディフェンディングチャンピオンとも遭遇

【杉ちゃんが行く!現地レポートvol.01】TPCソーグラス名物17番ホールは1試合平均約40個のボールが池に!130Yのパー3が難しい理由とは?

> ゴルフネットワークマガジン一覧


不正視聴 それは、犯罪 大正製薬

MIZUNODUNLOPBRIDGESTONE

  • ゴルフネットワーク on Facebook
  • ゴルフネットワーク on Twitter