ゴルフネットワークマガジン

バンカーで「ドスン」はいりません!堀川未来夢のバンカーショットレッスン

バンカーで「ドスン」はいりません!堀川未来夢のバンカーショットレッスン

ゴルフ真剣勝負 the MATCH プロフェッショナルレッスン

2017年05月19日 12:53

バンカーで「ドスン」はいりません!堀川未来夢のバンカーショットレッスン

 バンカーショットが大の苦手という人のスイングを見ていていつも思うのは、「バンカーから脱出するためにはパワーが必要」だと思っている人がけっこういることです。おそらく、「ヘッドを砂に潜らせて、ボールの下の砂を爆発させる」という教えから、「爆発させるためには、それなりの力を入れなければならないと考えてしまうのでしょう。

 しかし、実際は、バンカーショットで力はいりません。考えてみてください。皆さんが手にしているクラブのヘッドは“鉄"です。そして、その鉄が相手にするのは、“砂"。どちらが強いかは明らかで、極端な話、ヘッドを重力に従って落としただけでも、ヘッドはボールの下まで到達し、砂を爆発させてくれるものなのです。つまり、多くの人がイメージしている、“砂にドスン"という動きはいらないのです。

 では、どういう風にやれば上手く脱出できるのか?実を言うと、バンカーショットだからといって特別なことをやることはないのです。スイング的には、皆さんがいつもやっているアプローチショットと同じ。それも、ランニングアプローチと同じ打ち方でいいのです。

 ただひとつ変えなければいけないのは、ランニングアプローチの時のようにボールをクリーンに打つのではなく、少しダフらせること。ボールの手前5センチぐらいのところにヘッドを入れるだけで、あとはランニングのイメージでクラブを振り抜いていけばいいのです(写真①②)。

写真①
写真①
写真②
写真②

 体を開く必要もなければ、フェースを開く必要もなし。普通に構えてダフらせるだけです。プロがバンカーを苦にしないのは、こういうシンプルな打ち方で脱出できることを知っているから。むしろ、芝の状態や長さによってヘッドの抜け具合が変わる通常のアプローチよりも、バンカーのほうが、距離感が合いやすいといっても言い過ぎではないくらいです。

 また、この打ち方ならば、それなりに飛距離も出せるし、SWからAW、AWからPWと、クラブを持ち替えることによってさらに遠くへ飛ばすこともできます。

 まずはこれがバンカーショットの基本だと思ってしっかりマスターしてください。「ランを少し押さえたい」などの応用編は、次回じっくりご説明します。

【プロフィール】
堀川未来夢(ほりかわ・みくむ)
 1992年12月16日、神奈川生まれ。日大ゴルフ部出身。大学4年時のQTで13位に入り、'15年からツアー参戦。'15年は賞金ランク41位でシード権を獲得。'16年はシード落ちするも、QT14位で'17年のツアー出場権を獲得した。今季は、2試合目の「パナソニックオープン」で3位タイに入るなど滑り出しは上々。

【関連】3パットが激減!?芹澤信雄直伝ラウンド前のパッティング練習方法
【関連】あなたはジャスト派?強め派?芹澤信雄の「パッティング狙い所の決め方」とは

(この記事は、夕刊フジ 2017/5/11発売号より転載しています)


> ゴルフネットワークマガジン一覧


毎週木曜日発売「夕刊フジ」で連載中

産経新聞社が発行する毎週木曜日発売の「夕刊フジ」紙面にて、「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」に出演するプロのワンポイントレッスンを連載中です。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ

ゴルフ真剣勝負 the MATCH

プロによる1対1の真剣勝負をお届けする新番組。ゴルフ専門チャンネルだから見ることのできるマッチメイクで、プロ同士の真剣勝負を2時間にわたって放送。番組ではプロのテクニックに留まらず、クラブ選択や状況判断などのプロの考え方も紹介し、アマチュアゴルファーにも参考になる情報をお届けする。

【特設サイト】ゴルフ真剣勝負 the MATCH
【見逃し配信】ゴルフ真剣勝負 the MATCH


不正視聴 それは、犯罪 大正製薬

MIZUNODUNLOPBRIDGESTONE

  • ゴルフネットワーク on Facebook
  • ゴルフネットワーク on Twitter