ニュース・コラム

レッスン

【レッスン】スイングの回転軸が絶対にブレない打ち方! 左右両手をバランスよく使おう

2016年10月26日(水)午後7:14

あすゴル!

ここまで右手と左手それぞれの使い方を独立させてドリルを行い、前回はその右手と左手をシンクロさせてレッスンを行いました。そこで内藤コーチは「シンクロさせて打つ時にもっと意識してほしいポイントがある」と言います。左右両手をバランスよく使うドリルを紹介します。
 

「左手は右側を押し、右手は左側を押す」ドリルで軸ブレ防止!

ゴルフは小さいボールが止まっている状態で打つスポーツ。そのため軸回転がとても大切になってきます。今回のドリルはその軸ブレ防止に効果的。まず、左手を通常通り握り、右手はパーの形の状態にして横に添えます。その時、左手はシャフトを右側に押し、右手はシャフトを左側に押します。右手、左手をお互いに押し合っているイメージです。
 


左手はシャフトを右側に押し、右手はシャフトを左側に押すイメージ

 

この両手を押し続けたままバックスイング、インパクト、フォローをしましょう。振り幅はクラブヘッドがヒザの位置にあがる程度で構いません。体の回転だけで打つイメージです。そうすることによって両脇が自然にグッと締まり、腕と体が同調してキープされたまま打てます。スイング軸を全くブレさずにスイングすることができるのです。
 

インパクトでは両肩がターゲットと平行になった状態で、体の正面で打つ

このドリルの注意ポイントは、体が窮屈になりやすいため、体が開きやすくなります。ヘッドアップもしやすくなるので顔を下に向けた状態で、両肩がターゲットと平行になった状態でインパクトすることが理想。

実際に佐藤さんが打ってみるとチョロをしてしまいました。「その原因は手を使っているから」と内藤コーチ。フォローサイドで肩の位置まで振りにいってた佐藤さんですが、それは手で打っている証拠です。「手で打っているのか、体の回転で打っているのか自分で見極めるのはとても大切なこと」と内藤コーチがアドバイスすると、2球目は体の回転で打てていました。
 

【Before】手を使っているため肩の位置まで振りにいってる

 

【After】体の回転で打てた佐藤さんは体正面に手が収まっている

 

ドリルの意識を持ったままドライバーを打ってみるとナイスショット。腹筋を意識して打つことによって軸回転で打てるようになり、スイングスピードが上がって、飛距離が伸びます。窮屈ですが、パワー効率は抜群。今から明日からお試しください。


【見逃し配信】あすゴル!#227

関連番組

あすゴル!

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。