ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

大澤和也が日本アマチュアチャンピオンに! 1打差で逃げ切り

2017年7月7日(金)午後4:30

 第102回 日本アマチュアゴルフ選手権は7日、広島県の広島カンツリー倶楽部・八本松コースを舞台に最終ラウンドの競技を終了。日本大学3年の大澤和也が通算8アンダーで優勝を果たした。

見事優勝しトロフィーを掲げる大澤和也
見事優勝しトロフィーを掲げる大澤和也

 後続に3打差をつけスタートした大澤は、前半4ボギー、1バーディとスコアを3つ落とし、2アンダーで折り返したカイル・ミシェル(豪)が首位に浮上。さらに中島啓太(代々木高2年)、砂川公佑(大阪学院大1年)、今野大喜(日本大3年)が猛追し優勝争いは大混戦に。

2017年関東アマチュアゴルフ選手権チャンピオンの中島啓太は2位タイ
関東アマチュアゴルフ選手権チャンピオンの中島啓太

 中島は後半16番を終えて一時トップに並んだが、17番でダブルボギーを叩き通算7アンダーでホールアウト。砂川も最終ホールでボギーを叩いてしまい中島と同スコアで後続組の結果を待つこととなった。

砂川公佑は前半33で追い上げを見せた
砂川公佑は前半33で追い上げを見せた

 カイルは後半14番を終え単独トップだったが、15番ボギー、17番ダブルボギーとし、優勝争いは大澤と今野の一騎打ちに。通算8アンダーで迎えた最終18番、大澤はパーセーブ、今野がボギーを叩き勝負あり。大澤が見事日本アマチュアの頂点に立った。

2015年中部アマチュアゴルフ選手権覇者の今野大喜
2015年中部アマチュアゴルフ選手権覇者の今野大喜

 最終的な結果は通算8アンダーで大澤が優勝、通算7アンダー2位タイに中島、今野、砂川。通算6アンダー5位タイに第100回大会優勝の金谷拓実(東北福祉大1年)、久保田皓也(東北福祉大2年)、カイル・ミシェル(豪)となった。

大澤和也が1打差で逃げ切り日本アマチュアの頂点に立った
大澤和也が1打差で逃げ切り日本アマチュアの頂点に立った

【関連】最年長50歳・水上晃男が「66」で単独首位発進!
【関連】5時間半の中断挟み2日目は日没サス 大澤和也が連日の好スコアで暫定首位に浮上!

 

> ゴルフネットワークマガジン一覧

 

写真提供:JGA

2017年度 第102回 日本アマチュアゴルフ選手権競技

7月29日(土) 午後1:00~2:30

【放送予定】2017年度 第102回 日本アマチュアゴルフ選手権競技
【見逃し配信】2017年度 第102回 日本アマチュアゴルフ選手権競技