ニュース・コラム

PGAツアー

松山、0.5点をもたらすも... 8対2で米国が大量リード

2017年9月30日(土)午前8:45

2017 ザ・プレジデンツカップ
 ザ・プレジデンツカップが現地時間29日、ニュージャージー州のリバティーナショナルGCを舞台に2日目の競技を終了。米国選抜が世界選抜に8対2とリードを広げて大会を折り返している。

 2日目は初日と異なり、フォアボール(各選手が自分のボールを打ち、各ホールで良い方のスコアを採用)の5マッチが行われた。世界選抜の松山英樹は前日同様に第1マッチに登場。この日はアダム・ハドウィン(カナダ)と組み、パトリック・リード&ジョーダン・スピース組と対戦する。2番で米国チームにリードを許すも、松山が6番、8番とバーディを奪い、2アップに成功。しかし、15番、16番と米国チームにポイントを奪われ、オールスクエアで0.5ポイントずつを分け合った。

 続く第2マッチでは、ジャスティン・トーマス&リッキー・ファウラー組とブランデン・グレース&ルイ・ウーストヘイゼンの南アフリカ組が対戦も、3&2で米国チームが勝利。第3戦はケビン・キズナー&フィル・ミケルソン組とマーク・リーシュマン&ジェイソン・デイのオーストラリア組の一戦でも、米国選抜が終盤に逆転し、1アップで勝利を収めている。

 その他、第4マッチでは、チャーリー・ホフマン&ケビン・チャッペル組が6&5でアニルバン・ラヒリ(インド)&シャール・シュワーツェル(南ア)組を圧倒。この日の最終マッチでも、米国選抜のブルックス・ケプカ&ダスティン・ジョンソン組がジョナサン・ベガス(ベネズエラ)&アダム・スコット(豪)組を3&2で下し、4勝1分けで2日目を終えた。

 3日目は、午前にフォアサム(1つのボールを2人が交互に打ち合う方式)4試合、午後にフォアボール4試合が行われる。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017 ザ・プレジデンツカップ
9月28日(木)~10月1日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。