ニュース・コラム

PGAツアー

8戦6勝の米国が11点リード! 松山はJ.トーマス組に敗戦

2017年10月1日(日)午前8:51

2017 ザ・プレジデンツカップ
 ザ・プレジデンツカップが現地時間30日、ニュージャージー州のリバティーナショナルGCを舞台に3日目の競技を終了。米国選抜が世界選抜相手に14.5対3.5と大きなアドバンテージを持って最終日を迎える。

 3日目は午前にフォアサム(1つのボールを2人が交互に打ち合う方式)4試合、午後にフォアボール(各選手が自分のボールを打ち、各ホールで良い方のスコアを採用)4試合が行われた。

 午前の第1マッチでは、ジョーダン・スピース&パトリック・リード組とマーク・リーシュマン&ジェイソン・デイのオーストラリア組が対戦し、米国選抜が4&3で勝利。第2マッチのマット・クーチャー&ダスティン・ジョンソン組も後に続き、アダム・ハドウィン(カナダ)&アダム・スコット(豪)組を4&3で下す。

 さらに第3マッチでは、ケビン・キズナー&フィル・ミケルソン組もエミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)&ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)組に2&1で勝利する。しかし、第4マッチではブランデン・グレース&ルイ・ウーストヘイゼンの南アフリカ組がリッキー・ファウラー&ジャスティン・トーマス組と引き分け、世界選抜が0.5ポイントを獲得し、午前の競技を終える。

 午後のフォアボールでも米国選抜の勢いは止まらない。リード&スピース組がウーストヘイゼン&デイ組に2&1で勝利。午前の競技に欠場した松山英樹はベガスとペアを組み、トーマス&ダニエル・バーガー組と対戦。松山は序盤に3ホール連続でポイントをもたらすも、後半に逆転を許し、3&2で敗戦した。

 続く第3マッチでは、アニルバン・ラヒリ(インド)&キム・シウ(韓)組がケビン・チャッペル&チャーリー・ホフマン組に1アップで勝利するも、第4マッチでリーシュマン&グレース組がブルックス・ケプカ&ジョンソン組に敗れる。3日目も米国選抜が6勝1分け1敗と世界選抜を圧倒し、11ポイントをリードして最終日を迎える。

 最終日は、シングルマッチ12試合が予定されている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017 ザ・プレジデンツカップ
9月28日(木)~10月1日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。