ニュース・コラム

PGAツアー

松山はJ.トーマスに勝利も... 米国選抜が7連覇達成!

2017年10月2日(月)午前8:54

2017 ザ・プレジデンツカップ
 ザ・プレジデンツカップが現地時間1日、ニュージャージー州のリバティーナショナルGCを舞台に最終日の競技を終了。松山英樹はジャスティン・トーマスに勝利したものの、米国チームが19対11で勝利し、7連覇を成し遂げた。

 最終日はシングルマッチ12試合が行われた。世界選抜の中で世界ランキング最上位に付ける松山は、第3マッチで初日と3日目で苦杯をなめたトーマスと対戦。1番からトーマスに先手を許す厳しい展開になるも、6番のバーディで逆転。その後も松山は順調にリードを広げ、3&1で勝利した。3日目午前に欠場した以外の全試合に出場した同選手は1勝2敗1分けの1.5ポイントを獲得して今大会を終えている。

 3日目まで米国選抜に完敗の世界選抜だったがこの日は一転する。第1マッチでマーク・リーシュマン(豪)がケビン・チャッペルと引き分けるも、第2マッチでは元世界ランキング1位のジェイソン・デイ(豪)がチャーリー・ホフマンを2&1で下す。続く第3マッチで松山が勝利するも、第4マッチでダニエル・バーガーがキム・シウ(韓)に2&1で競り勝ち、この時点で米国選抜の勝利が確定した。

 その後の第5マッチ、第6マッチでは、南アフリカ勢のシャール・シュワーツェルとルイ・ウーストヘイゼンが、マット・クーチャーとパトリック・リードにそれぞれ勝利。第7マッチに登場したブランデン・グレース(南ア)は世界ランク1位のダスティン・ジョンソンに善戦するも引き分けに。

 第8マッチではアダム・スコット(豪)が3&2でブルックス・ケプカを、第9マッチのジョナサン・ベガス(ベネズエラ)がジョーダン・スピースを2&1で下す。第10マッチのケビン・キズナー対アニルバン・ラヒリ(インド)はオールスクエアで終了した。

 最後の2マッチでは、フィル・ミケルソンとリッキー・ファウラーがアダム・ハドウィン(カナダ)とエミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)にそれぞれ2&1、6&4で勝利。最終日は世界選抜が6勝3敗3分けと意地を見せ、2017年プレジデンツカップの全日程が終了した。

 次回のプレジデンツカップは、2019年12月にオーストラリアのロイヤル・メルボルンGCで開催される。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017 ザ・プレジデンツカップ
9月28日(木)~10月1日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。