ニュース・コラム

LPGAツアー

世界ワンツーが地元韓国で激突 日本からは上原、野村が参戦

2017年10月11日(水)午後1:38

 米女子ツアーのLPGA KEBハナバンク選手権が現地時間12日、韓国のスカイ72GC オーシャンCを舞台に開幕。前週のアリスポーツ・レインウッド(中国・上海、レインウッド・パインバレーGC)は地元自治体の許可が下りず中止となり、2週ぶりの再開となる。

 メジャー通算5勝の朴セリ(韓)の引退試合となった昨季大会を制したのはカルロタ・シガンダ(スペイン)。プレーオフの末、アリソン・リー(米)を下しツアー2勝目を手にした。

 韓国からは、世界ランク1位のユ・ソヨン、同2位のパク・スンヒョン、同7位のチョン・インジ、ツアー通算3勝のエイミー・ヤン、主催者推薦でアン・シネらが地元優勝を目指す。日本勢は上原彩子、野村敏京が出場する。

 また、世界ランク上位勢のレクシー・トンプソン(米)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、フォン・シャンシャン(中)、リディア・コ(ニュージーランド)らに注目が集まる。