ニュース・コラム

PGAツアー

J.ローズがタイガーにエール 感覚を取り戻すには時間が必要

2017年11月3日(金)午後1:52

 欧州ツアーのターキッシュ・エアラインズ・オープンに出場中のジャスティン・ローズ(英)は、タイガー・ウッズ(米)の苦しみを誰よりもよく知る人物のひとりと言えるだろう。というのも彼自身が、昨年末には背中を傷めるなど、キャリアを通じて何度も怪我に悩まされてきたからだ。

 今年4月に4度目の手術を受けて以来、ツアーから遠ざかっていたウッズだが、ヒーロー・ワールドチャンレジ(現地時間11月30日/バハマ、アルバニーGC)で競技復帰することが決定。ローズはこの発表を受けて、「自分の体調に自信がついてきたということだろう。彼のゴルフにも必ず良い影響を与えてくれるに違いない」とコメントし、ウッズの復帰を歓迎した。

「タイガーが健康を取り戻し、痛みから解放されたことは、ゴルフ界全体にとっても非常に嬉しいこと」と語った一方で、ローズは少なくとも数戦の間は、ウッズに対する高まる期待を抑えるべきだとも話している。

「私個人の見解だが、復帰後すぐに優勝や上位争いを期待するのは非現実的。彼を知っているからこそ、彼自身がフィーリングを取り戻して“これならやれそうだ”と思えるようになるまでには1~2週間、あるいはそれ以上の時間が必要になると考えている。でも今は何よりも、痛みを感じずにゴルフを楽しめることが重要。最初の一歩を踏み出したあと、彼は必ず力強く前進を始めるだろう」

 ローズは昨季大会でウッズとペアを組んだが、背中の痛みを訴えて第2ラウンド途中で棄権。今季はWGC-HSBCチャンピオンズを制するなど調子の良いローズ、久々のウッズと、2選手のプレーに注目が集まる。

関連番組

2017-18 ヒーローワールドチャレンジ
11月30日(木)~12月3日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。