ニュース・コラム

PGAツアー

R.ファウラー、1打及ばず惜しくも2位 P.キザイアがツアー初優勝

2017年11月13日(月)午前8:44

2017-18 OHLクラシック at マヤコバ
 米男子ツアーのOHLクラシック at マヤコバが現地時間12日、メキシコのエル・カマレオンGCを舞台に順延した第3ラウンドの競技と最終ラウンドの競技を終了。パットン・キザイア(米)が、リッキー・ファウラー(米)の追撃を交わし、ツアー初優勝を飾った。

 午前に第3ラウンドを終え、単独首位に浮上したキザイアは、最終ラウンドでも前半に3つスコアを伸ばすと、後半も安定したゴルフを披露し、ノーボギーの「67」でホールアウト。通算19アンダーとした31歳の同選手が、悲願のツアー初優勝を成し遂げている。

 一方、首位と1打差の2位から最終ラウンドをスタートしたファウラーは、前半にボギーを叩くなど伸び悩む。しかし、16番から連続バーディとするなどキジーアに肉薄とするも、惜しくも届かず。1ストローク差の単独2位でツアー通算5勝目に手が届かなかった。

 通算15アンダー単独3位にキム・シウ(韓)、通算14アンダー4位タイにチャールズ・ハウエル(米)とマーティン・ピラー(米)。通算13アンダー6位タイにライアン・ムーア(米)ら、通算11アンダー9位タイにエミリア・グリーヨ(アルゼンチン)らが続く。

 その他、ディフェンシングチャンピオンのパット・ぺレスは、グラム・マクドウェル(北アイルランド)らと通算6アンダー34位タイで大会を終えている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 OHLクラシック at マヤコバ
11月9日(木)~11月12日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。