ニュース・コラム

国内ツアー

松山、ジャンボ、優作が競演 小平は全米OP覇者のB.ケプカと

2017年11月15日(水)午前10:54

 ダンロップフェニックス(16日/宮崎県、ダンロップフェニックスカントリークラブ)開幕前に予選ラウンドの組み合わせが発表された。

 2年ぶりの出場で、世界ランク4位の松山英樹は、ツアー通算94勝の尾崎将司、賞金ランク2位につけている宮里優作と午前9時15分に10番からスタートする。

 ディフェンディング・チャンピオンで、今年の全米オープン覇者でもあるブルックス・ケプカ(米)は、2週連続優勝を狙う小平智、今平周吾と午前9時35分に10番から発進。

 石川遼は、稲森佑貴、ツアー通算48勝の中嶋常幸と同組、昨季米男子ツアーの新人王に輝いたザンダー・シャウフェレ(米)は星野陸也、大堀裕次郎と予選ラウンドを戦う。

 賞金ランクトップのチャン・キム(米)は、時松隆光、武藤俊憲と、同ランク4位の池田勇太は、ウェズレイ・ブライアン(米)、片山晋呉とのペアリングとなった。