ニュース・コラム

PGAツアー

ルーキーのA.クックがツアー初優勝 復帰戦のB.スネデカーは29位

2017年11月20日(月)午前8:45

2017-18 ザ・RSMクラシック
 米男子ツアーのザ・RSMクラシックが現地時間19日、ジョージア州のシーアイランド・リゾートを舞台に最終ラウンドの競技を終了。オースティン・クック(米)がツアー初優勝を飾っている。

 後続に3ストローク差をつけて最終日をスタートさせたクックは、初優勝を掛けたプレッシャーからか前半はスコアメイクに苦しむ。すると15番からの4ホールで3つスコアを伸ばすことに成功し、3アンダー67でホールアウト。通算21アンダーとした同選手が、レギュラーツアー本格参戦1年目にして初のトロフィを手にした。

 4打差の単独2位にJ.J.スポーン(米)、5打差の単独3位にブライアン・ゲイ(米)。通算14アンダー4位タイにブライアン・ハーマン(米)、ケビン・キズナー(米)、アンドリュー・ランドリー(米)、クリス・カーク(米)が続く。

 その他、前日大きく順位を上げたザック・ジョンソン(米)は通算13アンダー8位タイ、今大会が復帰戦のブラント・スネデカー(米)は通算8アンダー29位タイにマット・クーチャー(米)らと並ぶ。一方、3日目に70位タイまで順位を下げたババ・ワトソン(米)は1つスコアを伸ばして通算2アンダー単独67位で大会を終えている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 ザ・RSMクラシック
11月16日(木)~11月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。