ニュース・コラム

PGAツアー

スペインの“熱いビッグボーイ” 2017年のJ.ラーム

2017年12月16日(土)午前11:30

2017総決算!俺たちのPGAツアー
この記事のキーワード
 2016年の夏にプロ転向をしたジョン・ラーム(スペイン)は今季、欧州ツアーで2勝、PGAツアーで1勝と大活躍。2016年末に136位だった世界ランクも現在は5位まで急浮上し、昨季の欧州ツアー新人王にも輝いた。プレー中もひどく怒ったかと思えば、大喜びして吠えるなど茶目っ気たっぷりの23歳の1年を振り返る。

 PGA開幕戦のセーフウェイオープンでは15位タイとまずまずのスタートを切ったラームは、翌年1月のファーマーズインシュランスオープンで早くもツアー初優勝を果たす。3日目を終えてトップと3打差9位タイだったラームは、最終日を「65」でプレーし逆転優勝。上がってみれば、後続に3打差をつけていた。

 その後も、AT&Tペブルビーチプロアマ(5位タイ)、WGC メキシコ チャンピオンシップ(3位タイ)、WGC-デルマッチプレー(準優勝)、ディーン&デルーカ インビテーショナル(2位タイ)と結果を残し、全米オープンゴルフ選手権に出場した。

 しかし、結果は予選落ち。不甲斐なさからか、汚い言葉を発し、バンカーレーキやクラブを投げる、蹴る、ホール案内板を殴るなどプロゴルファーらしからぬ行動をとってしまった。

 「プロなら耐えなければならない、自分の中で気持ちを落ち着かせなければいけない。でもそうするとペットボトルのコーラみたいになるんだ。ふたを開けない限り振っていてもいいけど、1回ふたが開いてしまうと、もう終わり。そんな感じだよ」

 少し態度を改め7月にフランスへ。すると、HNAオープン・デ・フランスで10位タイ、翌週のドバイデューティーフリー アイリッシュオープンで後続に6打差をつけ欧州ツアー初優勝を挙げた。

 アメリカに戻り、フェデックスカップ・プレーオフシリーズでは4試合すべてでトップ10入りと好成績。そして欧州ツアーの最終戦 DPワールド・ツアー選手権ドバイでツアー2勝目を手にしている。

 そして、活躍が評価され、欧州ツアーの新人王に選ばれたラームは「この賞をもらえて非常に満足している。過去に受賞した選手全員をチェックしたわけではないが、サム・トーランス(スコットランド)の名前を見た。偉大な多くの選手が新人王を受賞している事を考えると、非常に誇らしい気持ちで、光栄」とコメントを残した。

 若き頃のセルヒオ・ガルシア(スペイン)と同じように熱い男、ジョン・ラームに来年も注目したい。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017総決算!俺たちのPGAツアー

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。