ニュース・コラム

PGAツアー

D.ジョンソン、2打差で今季初優勝に王手 松山は12位に後退

2018年1月7日(日)午前10:06

2017-18 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
 34選手が出場している米男子ツアーのセントリートーナメント オブ チャンピオンズは現地時間6日、ハワイ州のザ プランテーション コース at カパルア リゾートを舞台に第3ラウンドの競技を終了。松山英樹は12位タイと順位を落として最終日を迎える。

 8位タイからスタートした松山は、2番でボギーを叩くも5番から連続バーディで挽回。後半は2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばすことができず、1アンダー72でホールアウト。通算7アンダーとするも12位タイへ後退している。

 通算16アンダーで単独トップに立ったのはダスティン・ジョンソン(米)。12番でイーグルを奪うなどこの日だけで7つスコアを伸ばした同選手が、優勝に王手をかけた。通算14アンダー単独2位にブライアン・ハーマン(米)、通算12アンダー単独3位にジョン・ラーム(スペイン)。通算11アンダー4位タイにリッキー・ファウラー(米)とジェイソン・ダフナー(米)が続く。

 その他、ジョーダン・スピース(米)は通算8アンダーに伸ばして9位タイに浮上。ディフェンディングチャンピオンで、昨季年間王者のジャスティン・トーマス(米)は通算2オーバー単独30位と下位に沈む。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月4日(木)~1月7日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。