ニュース・コラム

ヨーロピアンツアー

C.ペイズリーとA.サディエルが首位浮上 B.ケプカ弟は4位に後退

2018年1月13日(土)午前11:55

 欧州ツアーのBMW SAオープン選手権が現地時間12日、南アフリカのグリンドゥールGCを舞台に第2ラウンドの競技を終了。クリス・ペイズリー(英)とエイドリアン・サディエル(仏)が首位に浮上した。

 初日を3位で終えたペイズリーは、この日も後半に5つスコアを伸ばすなど、7アンダー65でホールアウト。一方、サディエルは第2ラウンドのベストスコアとなる「63」をマーク。両者は通算13アンダーと後続に4打差を付けて2日目を終えている。

 通算9アンダー単独3位にジェイクス・クライスワイク(南ア)、通算8アンダー4位タイにブルックス・ケプカ(米)の弟、チェイス・ケプカ(米)、ブランデン・グレイス(南ア)らが並ぶ。

 その他、マスターズ覇者のチャール・シュワーツェル(南ア)は通算5アンダー14位タイ、メジャー通算4勝のアーニー・エルス(南ア)は通算3アンダー25位タイに浮上。一方、メジャー通算1勝のマイク・ウィアー(カナダ)、ソレン・ケルドセン(デンマーク)らは予選落ちとなっている。