ニュース・コラム

ギア

テーラーメイド新製品発表会 田中秀道らが登場

2018年1月17日(水)午前10:13

 16日にテーラーメイドゴルフの新製品発表会が行われ、契約プロの田中秀道、佐藤大平、松森杏佳がゲストとして登場。新クラブの「M3&M4シリーズ」と新アパレルのインプレッションを語った。

 2週前のセントリートーナメント オブ チャンピオンズで、ダスティン・ジョンソン(米)が「M4ドライバー」を使用し後続に8打差をつけ圧勝。最終日の12番パー4(433ヤード)ではあわやホールインワンというショットを披露したことは記憶に新しい。

 2017年9月に開催された中国ツアーの天津オープンで優勝を果たした佐藤は「M1を使っていましたが、すんなりM4に変えられて、距離も10ヤード伸び、試合で使うのがすごく楽しみです」と前シリーズよりも距離がでることをアピール。

 また、米男子ツアーでも活躍した田中は「ほとんどボールがストレートにしか出なかったです。クラブが明らかに助けてくれる感じがありました。ミスショットだったのがフェアウェイにしっかり残ってくれました。暖かくなるにつれて、どれくらいのパフォーマンスができるか楽しみです」と飛距離だけでなくコントロール性にも優れているようだ。

 今回の「M3&M4ドライバー」にはフェースをねじるという革新的な最新技術「ツイストフェース」が採用。フェースをねじらせることで、ミスがミスになりにくく、弾道のばらつきが低減し、飛距離も出て方向性に優れたクラブとなっている。

 新アパレルについては「初めて見た時に、私の好きなシンプルでスポーティなデザインだったので選ばせて頂きました。今年1年間ツアーに出させて頂きますが、このウエアを着て戦うことがすごく楽しみです」と松森は笑顔で話した。

 世界ランク1位のジョンソンをはじめ、タイガー・ウッズ(米)、ジョン・ラーム(スペイン)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジャスティン・ローズ(英)、ジェイソン・デイ(豪)らがテーラーメイドゴルフと契約を結んでいる。「M3&M4シリーズ」がツアーを席巻するのだろうか? 非常に楽しみだ。

(写真:ISM)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。