ニュース・コラム

PGAツアー

元女王とJ.スピースの練習ラウンドが実現!

2018年3月1日(木)午後3:53

2017-18 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 2010年に引退したロレーナ・オチョア(メキシコ)とジョーダン・スピース(米)、リッキー・ファウラー(米)、ジェイソン・ダフナー(米)、パトリック・キャントレー(米)の練習ラウンドが実現した。米ゴルフチャンネルが報じている。

 WGC メキシコ チャンピオンシップ(現地時間1~4日/メキシコ、クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペク)が行われることもあり、オチョアは世界ランキング4位のスピースに会いたいと大会側に伝えたそう。するとぜひ練習ラウンドをとオファーを受けたという。

「どうやってラインを読むの?」とオチョアから尋ねられたスピースは「逆にこっちが聞きたいよ」と答えたそうだ。「プレーはさびついていると言っていた。大勢の前で回るのは5年ぶりくらいらしい。大成功した選手だからたくさん聞きたいことがあった」と米女子ツアー通算27勝の元女王とのラウンドは得るものも多かったようだ。

 ラウンドを終えたオチョアは「うまく打てた。少しプレッシャーを感じたけど楽しかった。スピースはリラックスしていていろいろと話した。本当に特別な日だった」と語っていたという。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 WGC メキシコ チャンピオンシップ
3月1日(木)~3月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。