ニュース・コラム

PGAツアー

J.ラームが3打差7位発進! 日本勢トップは39位の小平智

2018年3月2日(金)午前10:19

2017-18 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのWGC メキシコ チャンピオンシップが現地時間1日、メキシコのクラブ・デ・ゴルフ・ チャプルテペクを舞台に第1ラウンドが終了。7アンダー64で回ったルイ・ウーストヘイゼン(南ア)が単独トップに立った。

 6アンダー2位タイにザンダー・ショフレ(米)、クリス・ペイズリー(英)、シャハンカー・シャルマ(インド)、5アンダー5位タイにキラデク・アフィバーンラト(タイ)、ラファエル・カブレラ・ベヨ(スペイン)、4アンダー単独7位にジョン・ラーム(スペイン)が続く。

 マスターズチャンピオンのセルヒオ・ガルシア(スペイン)、リッキー・ファウラー(米)が3アンダー8位タイ、昨季覇者のダスティン・ジョンソン(米)、フィル・ミケルソン、ババ・ワトソン(米)は2アンダー13位タイとなった。

 また、ジョーダン・スピース(米)が1アンダー23位タイ、WGC2連勝を狙うジャスティン・ローズ(英)がイーブンパー32位タイ、2週連続Vを目指すジャスティン・トーマス(米)、トミー・フリートウッド(英)が1オーバー39位タイで初日を終えている。

 日本勢は、小平智が1オーバー39位タイ、池田勇太が2オーバー49位タイ。宮里優作は6オーバー単独61位と出遅れている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 WGC メキシコ チャンピオンシップ
3月1日(木)~3月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。