ニュース・コラム

PGAツアー

D.ジョンソン「2アンダーで回れて良かった」 WGC メキシコ チャンピオンシップ連覇なるか?

2018年3月2日(金)午後0:53

この記事のキーワード
 世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのWGC メキシコ チャンピオンシップ(メキシコ、クラブデゴルフ・チャペルテペック)初日を2アンダー13位タイで終えたダスティン・ジョンソン(米)。連覇を狙う世界ナンバーワンがラウンド後、インタビューに答えた。

「今日は良いホールがいくつかあったが、悪いホールもあり、1日中苦労していたような気がする。それを踏まえれば、2アンダーで回れて良かったと個人的には思っている」

 6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの69でホールアウトしたジョンソン。1番パー4(316ヤード)では、ティーショットはグリーンオーバー、奥のラフから寄せてバーディを奪ってみせた。

 7位タイ発進のジョン・ラーム(スペイン)が優勝し、ジョンソンが58位以下で大会を終えた場合、ラームが世界No.1となる可能性はある。しかし、初日のプレーからすると世界1位の座にジョンソンが座り続けそうだが、ゴルフは何が起こるかは分からない。

関連番組

2017-18 WGC メキシコ チャンピオンシップ
3月1日(木)~3月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。