ニュース・コラム

PGAツアー

メキシコで大人気のP.ミケルソン、5年ぶりの優勝を誓う

2018年3月4日(日)午後4:56

この記事のキーワード
 メキシコのクラブデゴルフ・チャペルテペックを舞台に開催中の世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのWGC-メキシコチャンピオンシップの3日目を終えてフィル・ミケルソン(米)は首位と2打差の通算11アンダー2位タイに浮上した。

 アメリカではもちろんだが、ミケルソンはメキシコのギャラリーからも連日注目を集める。それを表すのが、ミツバチの格好をしたミケルソンのボード。セルヒオ・ガルシア(スペイン)やダスティン・ジョンソン(米)などのトップ選手とともにギャラリー席に掲げられている。

 ユーモアのある方法で応援されることについて「前世はミツバチだったかもしれないね」と笑顔で応えたミケルソンは、本業でも好調をキープ。直近の3試合で6位以上に入るベテラン選手はこの日、ノーボギーの「65」をマークして2位タイと最終日を前に好位置につける。
 
 最終日最終組で回ることが決まったミケルソンは「自分のゴルフがベストの状態に戻ってきたのはしばらくぶりだ。これ以上大きなミスはしない」と5年ぶりの優勝を誓った。

関連番組

2017-18 WGC メキシコ チャンピオンシップ
3月1日(木)~3月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。