ニュース・コラム

PGAツアー

R.マキロイが逆転優勝 タイガーは5位、松山英樹は49位

2018年3月19日(月)午前8:35

2017-18 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
 米男子ツアーのアーノルド・パーマーインビテーショナル(現地時間18日/フロリダ州、ベイヒルクラブ&ロッジ)最終ラウンドが終了。ローリー・マキロイ(北アイルランド)が8バーディ、ノーボギーの「64」でラウンドし、逆転優勝を果たした。

 2打差単独3位から出たマキロイは、前半に3つスコアを伸ばすと、後半13番から4連続バーディ、最終ホールでもバーディを奪い、米男子ツアーでは2016年のザ・ツアーチャンピオンシップ以来、通算14勝目を手にした。

 通算15アンダー単独2位にブライソン・デシャンボー(米)、通算14アンダー単独3位にジャスティン・ローズ(英)、通算13アンダー単独4位にヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が続く。

 タイガー・ウッズ(米)は通算10アンダー5位タイ。一時はトップに1打差まで迫ったが、後半16番、17番とボギーを叩き、トータル6バーディ、3ボギーの「69」。終盤でスコアを落としたが、それでもウッズらしいチャージを見せてくれた。

 松山英樹は2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの2オーバー74でプレーし、通算1アンダー49位タイで約1か月半ぶりの復帰戦を終えている。

 リッキー・ファウラー(米)が通算6アンダー14位タイ、ジェイソン・デイ(豪)が通算5アンダー22位タイ、トミー・フリートウッド(英)が通算4アンダー26位タイとなった。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
3月15日(木)~3月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。