ニュース・コラム

PGAツアー

タイガーは2試合連続トップ5入り マスターズに向け「楽しみにしている」

2018年3月19日(月)午前11:52

2017-18 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
この記事のキーワード
 米男子ツアーのアーノルド・パーマーインビテーショナル(現地時間18日/フロリダ州、ベイヒルクラブ&ロッジ)最終ラウンドが終了。タイガー・ウッズ(米)は通算10アンダー5位タイと前週のバルスパーチャンピオンシップ(2位タイ)に続き、トップ5フィニッシュとなった。

 後半15番までは首位と1打差の位置にいたが、上位勢が後続で回っていたため、16番パー5では最低でもバーディを奪わなければ追いつかないと考えていたウッズ。しかし、結果的にこのホールでボギー、続く17番もボギーとし、6バーディ、3ボギーの「69」でホールアウトした。

「攻め方が定まっていなかった」と16番を振り返ったウッズ。ティーグランド上では3つの選択肢があったようで、ドライバーでコースなりにフェードで攻める、ドライバーでバンカーを越してショートカット、安全に3番ウッドでフェアウェイに置く。結果的にドライバーで左に曲げてしまいOB、ボギーを叩いた。

「上がり3ホールで3つバーディを取ればプレーオフに進むチャンスがあると思った。だけど、ローリーが最高のプレーをしたから、関係なかったね」とツアー通算14勝目を挙げたローリー・マキロイ(北アイルランド)には8打及ばなかった。それでも日曜日に”タイガーチャージ”を見せてくれた。

 ウッズが復活、マキロイが優勝とマスターズが待ち遠しい。「楽しみにしている。(アーノルド・パーマー招待)が終わったから、次はオーガスタで戦えるように、クラブセッティング、スイング調整をして準備する」とウッズもマスターズに向け、気合が入っている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
3月15日(木)~3月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。