ニュース・コラム

国内女子

フェービー・ヤオが比嘉とのプレーオフを制し、4年ぶりツアー2勝目 

2018年3月25日(日)午後5:24

2018 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI
この記事のキーワード
 国内女子ツアーのアクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIは25日、宮崎県のUMKカントリークラブを舞台に最終ラウンドの競技を終了。プレーオフを制したフェービー・ヤオ(台)がツアー2勝目を挙げた。

 4打差10位タイ発進のフェービー・ヤオは7バーディ、1ボギーの「66」で回り、通算12アンダーで比嘉真美子と並ぶ。迎えたプレーオフ3ホール目にフェービー・ヤオがバーディを奪い決着。4年ぶりのツアー優勝を手にしている。

 単独2位にプレーオフで敗れた比嘉、通算9アンダー3位タイには勝みなみ、渡邉彩香、ユン・チェヨン(韓)、森田遥、酒井美紀。通算8アンダー8位タイには葭葉ルミ、佐伯三貴が続く。

 一方、2週連続で最終日最終組を回り、日本人最速記録に並ぶプロ転向4戦目での優勝が期待されたルーキーの三浦桃香は失速。プレッシャーの影響からか思うようにプレーが出来ず、上がり3ホールで4つスコアを落としてしまうなど、結果トップと5打差の通算7アンダー10位タイで大会を終えた。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI
3月23日(金)~3月25日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。