ニュース・コラム

PGAツアー

地道なステップアップからトップツアーでインパクトを残したコーリー・コナーズ 【#GNの中の人取材レポ】

2018年4月2日(月)午後7:48

2017-18 バルスパーチャンピオンシップ
 2018バルスパーチャンピオンシップで大会初日から首位に立ってツアー初優勝を目指したカナダ出身のコーリー・コナーズ選手(1992年生まれの26歳)。

 2014年に日本(軽井沢)で開催された世界アマにもカナダのエースとして出場(結果は個人戦では8位タイ、団体戦では2位)。ケント州立大学というオハイオ州にある大学の出身で、同高出身者にはバットマンでおなじみの俳優マイケル・キートンや、イーグルスのギタリストジョー・ウォルシュ、2003年全英オープンチャンピオンのベン・カーティスらがいる。



 2015年にプロ転向するとPGAツアーの下部組織を転戦していく。プロ初年度は「マッケンジーツアーカナダ」。2016年の主戦場は「PGAツアー ラテンアメリカ」、2017年は「web.comツアー」を戦い、2018年にはついにトップツアーとなる「PGAツアー」へと着実にステップアップを重ねてきた。エリート街道ではなかったが「コンディションの良くないコースもしっかりと経験できたことが着実に自身の経験となっている」とアンディ和田は話す。さらに今週の戦いぶりを見て「大学の時はジョーダン・スピースやジャスティン・トーマス、ジョン・ラームらともやってきているので『彼らがやっているなら僕もできるよ』と自信を持ってやれている様子が見受けられる」とも。

 なお、コナーズもスピースと同じで、普段の生活は左利き。ちなみにこの大会にはもともと出場権はなく、、マンデートーナメントも失敗(44位タイ)し・・・それでも待っていたところカイル・スタンリーの欠場が発表され、その入れ替わりで出場ができるようになった。シンデララストーリー完結とはいかなかったが厚くフィールドの揃った試合で確実に会場、PGAツアーファンへインパクトを残した。

【関連】PGAツアーオィシャルサイト コーリー・コナーズプロフィール


(取材協力:アンディ和田)


★「GNの中の人」とは
ゴルフネットワーク公式ツイッターで、海外中継ネタを中心にゴルフネットワークの番組やゴルフ界のいろんなことをつぶやき倒すゴルフネットワークのスタッフ。本職は海外中継担当。詳しくは公式アカウント@golfnetwork_jpをフォロー。

【関連】みんなのPGAツアー

関連番組

2017-18 バルスパーチャンピオンシップ
3月8日(木)~3月11日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。