ニュース・コラム

PGAツアー

ジェイソン・デイが世界トップ10に返り咲く 松山英樹は9位に後退

2018年5月8日(火)午前10:30

 米国時間6日付の男子世界ランキングが発表され、米男子ツアーのウェルズファーゴ チャンピオンシップを制したジェイソン・デイ(豪)が14位から7位に浮上し、トップ10に返り咲いた。

 上位陣は、1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位ジャスティン・トーマス(米)、3位ジョン・ラーム(スペイン)、4位ジョーダン・スピース(米)、5位ジャスティン・ローズ(英)と変動はなかった。

 日本勢は松山英樹が1ランクダウンの9位となり、小平智(27位)、宮里優作(60位)、池田勇太(64位)、谷原秀人(94位)と続く。

 タイガー・ウッズ(米)は順位を1つ上げ92位で、ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ(現地時間10日/フロリダ州 TPCソーグラス)に臨む。同大会ではリッキー・ファウラー(米/6位)、フィル・ミケルソン(米/19位)と同組で予選ラウンドを戦う。

(写真提供:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。