ニュース・コラム

PGAツアー

小平智「日本人同士で回れるのは光栄」大会前インタビュー

2018年5月16日(水)午後1:44

2017-18 AT&Tバイロン・ネルソンチャンピオンシップ
この記事のキーワード
小平智
―体調は

 良くなって時差もなくなって、体調は万全です。

―松山英樹と練習ラウンドをして

 先に来て、成功している人なので、いろいろ話を聞きたいです。年下ですけど、こっちの経験では先輩なので、僕も教えてもらいたい部分もあるので、話は聞きました。

―予選ラウンドが松山と同組

 昔から気心の知れた仲なので、回りやすいと思います。お互い、小さい時しか回ってないので、日本オープンで回りましたけど、2~3年前なので、お互い成長したところを見せられればと思います。

―久しぶりのラウンドがPGAツアーの舞台

 学生時代には全く思っていなかったことが起こっているので、最高峰の舞台で同じペアリングになれるのは幸せなことですし、目標にしていたところで、日本人同士で回れるのは光栄なので、是非とも頑張りたいです。

―優勝してから2戦目ですけど意識はしていない

 僕は全くないです。皆から「おめでとう」と言われるので嬉しいですけど。まだ来たばかりなので、挑戦者の気持ちでやっているので何も今までと変わっていないです。

―2002年に丸山茂樹が優勝したが、今大会の印象は

 初めてなのであまりイメージは沸きません。長く続いている大会で、そうそうたるメンバーが優勝しているので、僕も頑張りたいと思います。(練習ラウンドを)回った感触も良かったので期待できると思います。

―コースの印象は

 あまり目標物がないんですけど、面々で打っていかないと、グリーンとか変なところに行ってしまうので、そこらへんはショットの調子が良いので、活かしていけると思います。

―気を付けるのはグリーン上とショット

 グリーン上もそうですけど、アプローチもグリーンが難しいので難しくなってきます。いかにピンに寄せられるか、外した時には悪いところに外さなければ、何とか拾えると思います。そこらへんマネージメントが必要かなと思います。

―17番パー3はキーになる

 キーになりますし、ショート全般が難しいと思うので、パーで切り抜けるのが重要になります。特に17番は難しいですね。

―17番だとピンの位置によってはすごいショットが求められる

 どこのホールでもそうだと思います。

―先週の経験を今週に活かしたい

 先週は体調面も悪かったですし、時差ボケもあって万全の状態じゃなかったので、今回は体も良いですし、ゴルフの状態も悪くないです。気を付けるのはコースマネージメント、調子は良いので、そこらへんが鍵となります。意気込まずゆっくりやっていきたいです。

―ヘリテイジも50周年、今大会も50周年

 あまり関係ないですけど(笑)、プラスに考えて50周年が合っているんじゃないかと思ってやりたいなと、、、あまり関係ないですけど(笑)。

関連番組

2017-18 AT&Tバイロン・ネルソンチャンピオンシップ
5月17日(木)~5月20日(日)