ニュース・コラム

ヨーロピアンツアー

2017年欧州ツアーロレックスシリーズ最終日より珠玉のショット集

2018年5月24日(木)午後5:30

2018 BMW PGAチャンピオンシップ<ロレックスシリーズ>
 5/24(木)よりヨーロピアンツアー(欧州ツアー)ロレックスシリーズ第1戦「BMW PGAチャンピオンシップ」が開幕する。最近では宮里優作や谷原秀人、片岡大育など日本人選手も戦いの舞台に選ぶ「欧州ツアー」について、ゴルフチャンネルジャパンアナウンサーで実況を務める小松直行氏に話を伺った。3回目は、2017年ロレックスシリーズ全8戦の最終日から、勝負を決めた珠玉のショットを選んでいただいた。
 
①BMW PGAチャンピオンシップ
アレックス・ノーレンの最終ホール2打目。5鉄を1mにつけたイーグルフィニッシュ。8バーディー、1イーグル、62で先上がり。7打差から逆転優勝。
 
 
②オーペン・ド・フランス
トミー・フリートウッドが首位に1打差から出て2番パー3、あと10cmでホールインワンというティーショット。バーディーにしてトップに並び、続く3番のバーディーで単独首位になって勝ち抜いた。
 
③アイリッシュオープン
ジョン・ラームの4番パー5。2打め150ヤードをホールアウトするイーグルで一気に2打リードしてそのまま勝った。
 
 
④スコティッシュオープン
ラファエル・カブレラベヨがプレイオフで見せた2打目275ヤード。3mにつけてバーディーで勝った。
 
 
⑤イタリアンオープン
2打差からスタートのティレル・ハットンの最終ホール。5m弱の「さよならバーディー」で逆転2週連続優勝。
 
 
⑥ターキッシュエアライン・オープン
ジャスティン・ローズの最終ホール。見事なアプローチから3m弱のバーディーを決めて混戦模様から競り勝ち、R2Dタイトルへ向けて独走していたフリートウッドに迫ってプレッシャーをかけた。
 
 
⑦ネッドバンク・ゴルフチャレンジ
ブランデン・グレースが残り4ホール時点で3人が並ぶ展開で迎えた16番パー3。12mのバーディーパットを放り込んでそのまま勝ち抜いた。
 
 
⑧DPワールド・ツアーチャンピオンシップ・ドバイ
ジョン・ラームが折り返し時点でジャスティン・ローズに3打リードをつけられていながら、14番でバンカーからうまく寄せてバーディーをとって並び、16番でティーショットを右に曲げながら2打めを2m半につけてバーディーにして単独首位にたってノーボギー67で逆転優勝。R2Dタイトルを目指すフリートウッドが最終日にトップから2打差の4位タイから出てあがり2ホールをボギーにして74であがったので、ジャスティン・ローズは単独4位なら逆転賞金王をものにできるところだった。しかし、後半3つのボギー。最終ホールのイーグルに望みをつないで絶妙な2打めを見せたもののバーディーに終わり、4位タイで終了。フリートウッドの賞金王が決まった。
 

【関連】Golf Channel Japan

(写真:Getty Images)

関連番組

2018 BMW PGAチャンピオンシップ<ロレックスシリーズ>
5月24日(木)~5月27日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。