ニュース・コラム

海外女子

畑岡奈紗、鈴木愛ら日本勢9人がメジャー制覇を狙う 全米女子オープンゴルフ選手権

2018年5月30日(水)午後4:47

2018 全米女子オープンゴルフ選手権
 米女子ツアーの今季メジャー第2戦 全米女子オープンゴルフ選手権が現地時間31日、アラバマ州のショール・クリークCCを舞台に開幕する。

 昨季は7月にニュージャージー州のトランプナショナルGCで開催され、パク・スンヒョン(韓)が後続に2打差をつけ優勝を果たした。今季は3週前のボランティアーズ・オブ・アメリカLPGAテキサスクラシックを制しており、連覇に期待がかかる。

 日本勢は畑岡奈紗、鈴木愛、上原彩子、野村敏京、葭葉ルミ、香妻琴乃、高山佳小里、川岸史果、蛭田みな美の9選手が出場する。

 注目は畑岡奈紗。今季は4月末のLPGAメディヒール選手権で7位タイ、2週前のキングスミル選手権ではプレーオフで敗れたが2位、先週のLPGAボルヴィック選手権では10位と好調で、メジャー制覇を期待させる成績を残した。

 昨季の国内女子ツアー賞金女王の鈴木愛にも注目が集まる。今季メジャー初戦のANAインスピレーションでは予選を通過したが最下位と悔しい思いをした。左ひざの痛みが心配されるが、今季はすでに3勝を挙げている。

 また、最終予選会を通過し今大会の出場権をつかんだ香妻、高山、川岸、蛭田、繰り上げで出場権を得た葭葉のプレーからも目が離せない。特に葭葉は昨季大会でティーショット平均飛距離1位(4日間で平均256ヤード)に輝き、他の飛ばし屋に負けないパワーを見せつけた。

 世界ランク1位で大会2勝のインビー・パーク(韓)、同2位のフォン・シャンシャン(中)、同3位のレクシー・トンプソン(米)や、ANAインスピレーションを制したパーニラ・リンドベルグ(スウェーデン)、ミッシェル・ウィー(米)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、リディア・コ(ニュージーランド)が出場。

 また、ジェシカ&ネリー・コルダ(米)姉妹、モリヤ&アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)姉妹、ツアー通算20勝のクリスティ・カー、チョン・インジ(韓)、ユ・ソヨン(韓)、テレサ・ルー(台)らにも注目だ。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 全米女子オープンゴルフ選手権

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。