ニュース・コラム

海外女子

2日目はサスペンデッド 日本勢トップは畑岡、葭葉の暫定28位

2018年6月2日(土)午後0:16

2018 全米女子オープンゴルフ選手権
 米女子ツアーの今季メジャー第2戦 全米女子オープンゴルフ選手権(現地時間1日/アラバマ州 ショール・クリークCC)第2ラウンドは、荒天で中断を挟むなど、サスペンデッドが決定した。

 通算10アンダー暫定首位はサラ・ジェーン・スミス(豪)。通算6アンダー暫定2位タイにアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、オー・スヒョン(豪)、通算3アンダー暫定4位タイに世界ランク1位のインビー・パーク(韓)、カルロタ・シガンダ(スペイン)ら、通算2アンダー暫定11位タイにミッシェル・ウィー(米)らが続く。

 日本勢トップは畑岡奈紗と葭葉ルミで通算1オーバー暫定28位タイ。葭葉は4バーディ、3ボギーの1アンダー71でホールアウト、畑岡は8ホールを終えスコアを1つ伸ばしている。

 現在カットラインは通算4オーバーと設定されており、香妻琴乃は通算3オーバー暫定50位タイ(5ホール消化)、上原彩子は通算4オーバー暫定60位タイ(10ホール消化)、野村敏京は通算8オーバー暫定116位タイ(9ホール消化)の位置にいる。

 鈴木愛(通算6オーバー)、蛭田みな美(通算7オーバー)、川岸史果は(通算15オーバー)、高山佳小里(通算18オーバー)は全員ホールアウトし、予選落ちが濃厚となっている。

 その他、レクシー・トンプソン(米)は通算1アンダー暫定18位タイ、昨季覇者のキム・インキョン(韓)は通算1オーバー暫定28位タイ、世界ランク2位のフォン・シャンシャン(中)は通算5オーバー暫定84位タイとなった。

 なお、第2ラウンドの残りは現地時間2日の午前6時45分から再開し、第3ラウンドへを行う。

(写真提供:Getty Images) 

関連番組

2018 全米女子オープンゴルフ選手権

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。