ニュース・コラム

国内女子

41歳の大山志保が2年ぶりの優勝 ルーキーの勝みなみは4打差2位

2018年6月3日(日)午後4:31

2018 ヨネックスレディスゴルフトーナメント
 国内女子ツアーのヨネックスレディスゴルフトーナメント(3日/新潟県 ヨネックスカントリークラブ)最終ラウンドが終了。41歳の大山志保が2年ぶり、ツアー通算18勝目を飾った。

 単独トップからスタートした大山は、出だし幸先よくバーディを奪い、3番から3連続バーディを奪うなど4アンダーで折り返す。後半は2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせなかったが、後続に4打差をつける通算10アンダーで、2016年のフジサンケイクラシック以来の勝利を手にした。

 通算6アンダー2位タイに「66」でプレーした勝みなみ、上田桃子、木村彩子、通算5アンダー5位タイに木戸愛、西山ゆかり、申・ジエ(韓)らが続く。

 昨季覇者の青木瀬令奈は通算1アンダー単独26位、キム・ハヌル(韓)、前週大会Vの岡山絵里は通算2アンダー21位タイ、イ・ボミ(韓)は通算3オーバー40位タイとなった。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 ヨネックスレディスゴルフトーナメント
6月1日(金)~6月3日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。