ニュース・コラム

ギア

“ ギリギリ全開” 新「RS」シリーズ新発売

2018年6月12日(火)午後6:50

 (株)プロギアは、ゴルフを真剣に楽しむアマチュアゴルファー向け「RS(アールエス)」シリーズをフルモデルチェンジし“ギリギリ全開”をキャッチフレーズに「さらに、飛ぶ、やさしい」を徹底追及した新「RS」シリーズを2018年7月13日から発売する。

 今回ラインアップするのはドライバー2モデル、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン2モデル、ウェッジで、全てのクラブで「W デザイン設計」を設計コンセプトとして開発。なお、同シリーズは2014年に「iD abla RS」、2016年に「RS」を発売しており今回のフルモデルチェンジで3代目となる。

 ドライバーは、大きな飛距離を実現するため、ドライバーはギリギリの高初速エリアを従来品よりさらに拡大し、ドローで飛ばす「RS」とフェードで飛ばす「RS F」の2モデルで展開。フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン2モデルはアマチュアゴルファーの平均打点であるフェース下部の反発性能を高めることでやさしく、飛ぶ設計となっている。

 価格は「RS ドライバー」、「RS-F ドライバー」が80,000円+税。「RS フェアウェイウッド」は40,000円+税。「RS ユーティリティ」が32,000円+税~。「RS アイアン」(5本セット)は95,000円+税~。「RS フォージドアイアン」は114,000円+税。「RS ウェッジ」は19,000円+税~となっている。

 なお、発売に先駆けて新「RS」シリーズの飛びとやさしさを多くのゴルファーに体感していただくため、レンタル料金が半額になる「新 RS レンタルキャンペーン」などを2018年6月15日~9月30日まで実施する。
 

(記事提供:mycaddie)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。