ニュース・コラム

PGAツアー

ウッズの復活優勝なるか ニクラスのメジャー通算18勝まであと4勝

2018年6月13日(水)午後0:57

 今週開幕の全米オープン(ニューヨーク州 シネコックヒルズGC)。大会3勝のタイガー・ウッズ(米)が記者会見に臨み、ジャック・ニクラス(米)のメジャー通算18勝という記録について触れた。

 偉大な記録まであと4勝のウッズは「最後にメジャーで勝ったのが2008年」とロッコ・メディエート(米)と19ホールのプレーオフを戦い、全米オープン3勝目を挙げた2008年大会を振り返り「それ(2008年)以降も勝てるチャンスが何回もあったけど、勝てなかった」とコメント。

 2009年の全米プロゴルフ選手権では2位、2012年の全英オープンでは3位とメジャー2勝を積み重ねる機会が実際にあった。「残念なことに10年が経ってしまった。その10年の最初の数年は良かったんだけどね」。

 腰の怪我により、長期離脱を繰り返したが、昨年末から復帰。優勝争いに絡むまで状態を上げてきた。「ゴルフはいつもイライラする。いつも何かが違うんだ。それを調整するのが我々、プロゴルファーなんだけど」と述べ、「今週はこれまでやってきた全てを出したい。あとはどうなるか、という感じだね」と復活優勝に向けコメントを残した。

 ニクラスを抜くのはウッズしかいないと言われてきた。怪我の影響などで一時は勢いを落としたが、誰もが復活優勝を望んでいる。ウッズは42歳だが飛距離も若手選手にも負けておらず、時代は違うがニクラスは46歳でマスターズ優勝という記録を持つ。シネコックヒルズGCでプレーするウッズに注目だ。