ニュース・コラム

PGAツアー

全米OP開幕 D.ジョンソンが首位タイ 松山は46位 星野、小平、秋吉は苦戦

2018年6月15日(金)午後0:10

2018 全米オープンゴルフ選手権
 全米オープンゴルフ選手権(現地時間14日/ニューヨーク州 シネコックヒルズGC)第1ラウンドが終了。ダスティン・ジョンソン(米)、イアン・ポールター(英)、ラッセル・ヘンリー(米)、スコット・ピアシー(米)が1アンダー69で回り、首位タイとなった。

 イーブンパー単独5位にジェイソン・ダフナー(米)、1オーバー6位タイにジャスティン・ローズ(英)、チャーリー・ホフマン(米)、ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)ら、2オーバー13位タイにアレクサンダー・ノーレン(スウェーデン)、ブラント・スネデカー(米)、ザンダー・ショフレ(米)らが続く。

 日本勢トップは松山英樹で5オーバー46位タイ。1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーのラウンドとなった。

 繰り上げで出場を果たした星野陸也は9オーバー114位タイ、小平智は11オーバー134位タイ、秋吉翔太は12オーバー143位タイと苦戦を強いられた。

 大会3勝のタイガー・ウッズ(米)は1バーディ、2ボギー、2ダブルボギー、1トリプルボギーの8オーバー101位タイで初日を終えている。

 先日婚約を発表したリッキー・ファウラー(米)は3オーバー19位タイ、ジャスティン・トーマス(米)は4オーバー37位タイ、昨季覇者のブルックス・ケプカ(米)は5オーバー46位タイとなった。

 キャリアグランドスラムを狙うフィル・ミケルソン(米)は7オーバー87位タイ、ジョーダン・スピース(米)は8オーバー101位タイ、ジェイソン・デイ(豪)は9オーバー114位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は10オーバー128位タイと強豪たちが出遅れている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 全米オープンゴルフ選手権

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。