ニュース・コラム

レッスン

「出すだけでOK」のショットは誰でも打てる? 宮里美香のバンカーレッスン

2018年6月22日(金)午後1:00

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~テレサ・ルーvs宮里美香~
この記事のキーワード
宮里美香
レッスン
バンカー
 バンカーショットを成功させるためには、まずフェースを開き、少しオープンに立ち、左足体重で構えます。左足体重の目安は、フィニッシュのとき、「これくらい体重が左足に乗っているはず」というくらい。ショットのとき、まったく体重移動をしなくてもいいように、構えたときからインパクトの形を作っておいてください。

 次に打ち方の注意点です。バックスイングは、先ほどもいったように体重移動をせず、左足に体重を乗せたままクラブを振り上げます(写真①)。このとき、頭の位置を動かさないようにすることも大切です。


写真①

 ダウンスイング~インパクトでは、ボールの手前にヘッドを打ち込むわけですが、その位置は手前3センチぐらいがベスト。何となくダフらせるのではなく、「ここに打ち込む」というつもりでインパクトをしましょう。

 インパクト~フォロースルーにかけては、スタンス通り、つまり左方向に振り抜いてください(同②)。このときの注意点は、打って終わりではなく、しっかり振り抜くこと。ボールの手前にヘッドを入れていれば、どんなに強く打ってもボールが飛び過ぎることはないので、安心して振り抜いてください。
 
同②

 また、球を上げようとしないことも大切です。上げようとすると、せっかく構えで左足体重にしていてもインパクトで右足体重になってしまい、ダフる(もともとダフらせるのがバンカーショットですが、必要以上に手前を叩いてしまう)ことになるからです。

 これらの注意点を守って打てば、「出すだけでOK」のバンカーショットは誰でも打てるはず。最後に私がよくやっていた練習方法をご紹介しましょう。

 インパクトポイントの位置に1メートル前後の線を引き、線の延びた方向に進みながら、その線にヘッドを入れていく練習です(同③④)。私のように、常に同じところにヘッドを入れられるようになれば、バンカーショットは完璧です。
 
同③、④


宮里美香(みやざと・みか)

1989年10月10日沖縄生まれ。中学生で出場したダイキンオーキッドで8位に入り、一躍脚光を浴びる。さらに同年6月の日本女子アマでも14歳8カ月という最年少記録で優勝。08年に米国女子ツアーの最終予選会で12位に入り、09年の出場権を獲得してプロ転向。10年日本女子オープン優勝。12年には米ツアー初優勝を飾る。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2018/6/14発売号より転載)
 

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~テレサ・ルーvs宮里美香~