ニュース・コラム

PGAツアー

J.トーマスが首位タイに浮上 T.ウッズは10位、松山と時松は37位

2018年8月4日(土)午前8:30

2017-18 WGC-ブリヂストンインビテーショナル
 世界選手権(WGC)シリーズのWGC-ブリヂストンインビテーショナル(現地時間3日/オハイオ州ファイヤーストーンCC)第2ラウンドが終了。ジャスティン・トーマス(米)、トミー・フリートウッド(英)、イアン・ポルター(英)が通算11アンダー首位タイで並んだ。

 通算9アンダー4位タイにジェイソン・デイ(豪)、カイル・スタンリー(米)、通算8アンダー6位タイにローリー・マキロイ(北アイルランド)、キム・シウ(韓)が続く。

 大会8勝のタイガー・ウッズ(米)は4バーディ、2ボギーの2アンダー68でプレーし、通算6アンダー10位タイと好位置をキープしている。

 21位タイから出た昨季覇者の松山英樹は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの2オーバー72とスコアを落とし、通算1アンダー37位タイに後退した。

 時松隆光も松山と同じく通算1アンダー37位タイ。小平智は通算2オーバー53位タイ、市原弘大は通算7オーバー68位タイで2日目を終えている。

 フィル・ミケルソン(米)は通算5アンダー16位タイ、リッキー・ファウラー(米)は通算3アンダー27位タイ、ダスティン・ジョンソン(米)は通算イーブンパー46位タイ、ジョーダン・スピース(米)は通算3オーバー60位タイとなった。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 WGC-ブリヂストンインビテーショナル
8月2日(木)~8月5日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。