ニュース・コラム

PGAツアー

ジャスティン・トーマスが世界2位に浮上 松山英樹は16位

2018年8月7日(火)午前10:30

みんなのPGAツアー
 米国時間5日、最新の男子世界ランキングが発表され、WGC-ブリヂストンインビテーショナルで今季3勝目を挙げたジャスティン・トーマス(米)が2位に浮上。同大会39位タイの松山英樹は16位をキープしている。

 上位陣は、1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位トーマス、3位ジャスティン・ローズ(英)、4位ブルックス・ケプカ(米)、5位ローリー・マキロイ(北アイルランド)となった。

 米男子ツアーのバラクーダチャンピオンシップでツアー初優勝を飾ったアンドリュー・パットナム(米)は48ランクアップの90位に順位を上げている。

 松山以外の日本勢は小平智が37位、宮里優作は2ランクダウンの78位。以下、池田勇太(96位)、時松隆光(106位)、今平周吾(109位)と続く。

(写真提供:Getty images)

 

関連番組

みんなのPGAツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。