ニュース・コラム

PGAツアー

第100回全米プロゴルフ選手権 メジャータイトル獲得に挑む日本勢6人の声

2018年8月9日(木)午後0:44

2018 全米プロゴルフ選手権
 メジャー最終戦 全米プロゴルフ選手権(現地時間9日~12日/ミズーリ州 ベルリーブCC)に出場する松山英樹、小平智、池田勇太、宮里優作、今平周吾、時松隆光がインタビューに答えた。
 
松山英樹は去年のリベンジを果たせるか 6年連続6回目の出場


 昨季大会5位タイで、6年連続6回目の出場となる松山英樹は「体調は良いが、ゴルフの状態が良くならないので、もどかしい」と述べ、「(復調する気配は)感じて頑張っているが、中々その通りいかないのが現状」と心境を語った。

 コースの攻略法は「狭くないが、ティーショットでフェアウェイに置いていかないとセカンド以降、大変な思いをするので、キープしてバーディチャンスにつけられれば」とし、「しっかりと36ホール、良いスコアが出ればまた36ホール頑張りたい」と意気込んだ。

 初日のスタート時間:日本時間9日午後9時39分
 ペアリング:松山英樹、リッキー・ファウラー(米)、イアン・ポールター(英)
 
今季1勝の小平智「ショットでリズムを作りたい」


 RBCヘリテイジで米男子ツアー初優勝を挙げた小平智は「練習も2ラウンドできて、体調も悪くないので試合に向けては万全」と述べ、「メジャーは練習ラウンドからギャラリーが多く、いい雰囲気で練習ができて楽しく迎えられている」とリラックスした様子だ。

「フェアウェイの芝が日本と似ていて、球が浮いている。メジャーなのでラフは長く、逆目に刈ってあるので難しい」とコースの印象を語り、「ショットの精度が要求されるコースで、そこは自分の得意なところなのでショットでリズムを作りたい。グリーン上もアンジュレーションがあるので頑張りたい」と意気込んだ。

 最後に「予選を通って上位争いをして、日本のファンにいい報告をできれば」と小平はコメントを残している。

 初日のスタート時間:日本時間10日午前3時04分
 ペアリング:小平智、トミー・フリートウッド(英)、マーク・リーシュマン(豪)
 
池田勇太は3年連続5回目の出場 「楽しみながらプレー出来ればいい」


 池田勇太は3年連続5回目の出場で、全英オープンゴルフ選手権では51位タイに入った。「パッティングが入ってくれれば、ショットは悪くないので不安はない」と調子はまずまずのようで、「あまり意気込むことなく気軽に大会を楽しみながらプレー出来ればいい。”やってやろう”という気持ちも必要だが出すぎると良くない」と淡々とプレーする事を心掛けるようだ。

 また、松山と同様に「長いホールでフェアウェイをキープできないと、セカンドも厳しくなる。ティーショットがキーになってくると思う」と攻め方を明かした。

 初日のスタート時間:日本時間9日午後9時45分
 ペアリング:池田勇太、アダム・ハドウィン(カナダ)、ブライアン・ハーマン(米)
初めての全米プロに挑む宮里優作「痛み無くフルスイングができる」


 腰痛に悩まされてきた宮里優作だが「腰痛もだいぶ良くなってきて、少し張ったりはするが、かなりいい状態まできている。全英が終わってから良くなってきて、ドイツの試合でも体の調子は良かった。2か月ぶりくらいに痛みもなくフルスイングができるので嬉しい」と体調は万全のようだ。

 コースに関しては「フェアウェイが高麗芝に似ている感じがある。ラフに入るとパワーも必要で、出すだけという状況なのでフェアウェイキープが重要となる」とし、「日本の選手たちで頑張って盛り上げたい。(日本の)みなさんを寝不足にできるようにしたい」と意気込みを語った。

 初日のスタート時間:日本時間9日午後9時12分
 ペアリング:宮里優作、スコット・ブラウン(米)、ボブ・ソワーズ(米)
 
初出場の時松隆光 海外連戦で「日本の味が恋しい」


 全英オープンゴルフ選手権、先週のWGC-ブリヂストンインターナショナルと海外連戦が続いている時松隆光だが「日本の味が恋しいが、なんとか頑張っている」と体調面に問題ない様子。

 海外のトッププロを目の当たりにし「差があるなと実感している」と時松。しかし、「今後、日本に帰って少し腕を磨いて、技を勉強して(再び)この舞台に戻ってきた時に活躍できるように頑張りたい」とし、「無駄にせず大事にして、何か吸収して帰りたい」とコメントした。

 ベルリーブCCで開催された2013年の全米プロシニアゴルフ選手権を制した井戸木鴻樹が、同コースは日本のコースと似ていると話していることに対しては「ここは短いホールもあり、日本の距離のようなホールもあるので似ていると思う」と同意し、「僕の距離でもなんとかバーディチャンスというホールもあるので、そこでバーディを獲って、長いホールではパーで我慢していく」と攻略法を語った。

 初日のスタート時間:日本時間10日午前4時27分
 ペアリング:時松隆光、クリス・カーク(米)、ベン・カーク(米)
 
今平周吾は去年の全米オープン以来のメジャー 「楽しみながら頑張りたい」


 去年の全米オープンゴルフ選手権以来のメジャーとなる今平周吾は「メジャーの雰囲気がすごいので、けっこう好き」と述べ、コースは「2回でたメジャーよりかは、距離が短くて少しは戦えそう」と印象を語った。

 また「フェアウェイも日本に近い、高麗に近いので、回りやすさがある。長いミドルが4ホールくらいあるので、しっかりパーでしのいで、ロングで獲れるホールが何ホールかあるので、そこで獲れればいいと思う」と戦い方を明かし、「(日本では)試合が無く、試合勘が無い状態で少し不安だが、楽しみながら予選を通過できるように頑張りたい」と意気込んでいる。

 初日のスタート時間:日本時間9日午後8時55分
 ペアリング:今平周吾、ジェイミー・ラブマーク(米)、リッチ・バーバリアンJr(米)

関連番組

2018 全米プロゴルフ選手権
8月9日(木)~8月12日(日)