ニュース・コラム

PGAツアー

33歳でミケルソンはメジャー初V 29歳のファウラー「いつも希望を持っている」

2018年8月10日(金)午後0:43

 全米プロゴルフ選手権(現地時間9日/ミズーリ州 ベルーフCC)初日を終え、29歳のリッキー・ファウラー(米)は5アンダー単独2位とメジャー初制覇に向け好スタートを切った。

 メジャーで安定した成績を残しているファウラーだが、優勝まではいつもあと一歩。

 ラウンド後にフィル・ミケルソン(米)は33歳で初めてメジャー(2004年のマスターズ)を制したが、と聞かれファウラーは「いつも希望を持っている」と答え、「30代になるまでフィルがメジャーで勝てなかったのは知っている。だけど特に気にすることではない。いいポジションにいることが大切だと思う。2位は何回もあるけど、ジャック(・ニクラス)だって2位は何回もあったわけだし、頑張り続けるだけだよ」とコメントした。

 メジャー通算7勝のサム・スニードは31歳、同9勝のベン・ホーガンは34歳、グレッグ・ノーマン(豪)は31歳、フレッド・カプルス(米)は32歳など、30代になってからメジャーを勝ちだす選手が多い。タイガー・ウッズ(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジャスティン・トーマス(米)、ジョーダン・スピース(米)らが特別なだけ。ファウラーが栄冠を掴む日は近いだろう。
 

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。