ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

吉原英駿がマッチプレー方式のラウンドへ進出 全米アマチュアゴルフ選手権

2018年8月15日(水)午後2:39

2018 全米アマチュアゴルフ選手権
 全米アマチュアゴルフ選手権(現地時間13日~18日/カリフォルニア州 ぺブルピーチ ゴルフリンクス)の予選ラウンドを終え、ダニエル・ヒリアー(豪)とコール・ハマー(米)が通算6アンダー首位タイで次戦へ進む。

 予選の2日間はストロークプレーで行い、64人に絞り込み、そこから1対1のマッチプレーで勝敗を決めていくのが今大会の形式だ。1895年に創設された伝統あるトーナメントの歴代優勝者にはタイガー・ウッズ(米)、フィル・ミケルソン(米)、マット・クーチャー(米)、ブライソン・デシャンボー(米)、マーク・オメーラ(米)らと豪華なメンバーが名を連ねている。

 日本からは吉原英駿が唯一出場しており、通算3オーバー46位タイで予選を通過した。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に通う吉原は、今年のカリフォルニア アマチュア選手権で2位となるなど、期待のゴルファーだ。

(写真提供:アンディ和田)

関連番組

2018 全米アマチュアゴルフ選手権

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。