ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

日本ジュニア開幕 中島啓太が単独トップ、安田祐香は22位

2018年8月15日(水)午後5:52

2018年度 第24回 日本ジュニアゴルフ選手権競技
 第24回 日本ジュニアゴルフ選手権競技が、2020年東京五輪のゴルフ会場である埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部で開幕。男女それぞれ12歳~14歳の部、15~17歳の部で行われている。

 男子15歳~17歳の部は、中島啓太(代々木高3年)が7バーディ、1ボギーの6アンダー64で単独首位に立った。今年のオーストラリアンアマチュア選手権を日本人で初めて制した中島が貫録のプレーを見せつけた。

 1打差単独2位に杉浦悠太(福井工業大学附属福井高2年)、3打差3位タイに新垣厚樹(浜松日体高1年)、久常涼(岡山県作陽高1年)、中尾亮太(同志社高3年)がつけている。

中島啓太
 
 女子15歳~17歳の部は、幸田彩里(名古屋市立西陵高2年)が後半「30」を記録するなど6アンダー65で回り、単独トップとなった。1打差単独2位に政田夢乃(北海学園札幌高3年)、2打差単独3位に岩井千怜(埼玉栄高1年)が続く。

 注目の安田祐香(滝川第二高3年)は1オーバー22位タイ発進。去年の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技を制した安田は、今年7月の国内女子ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」では3位タイに入るなど、プロの世界でも活躍している。

幸田彩里
 
 男子12歳~14歳の部は吉沢己咲(藤岡市立北中2年)が3アンダー単独トップに立ち、女子12歳~14歳の部は竹田麗央(合志私立合志中3年)、横山珠々奈(さくら市立氏家中3年)が2アンダー首位タイ発進を決めた。

吉沢己咲

竹田麗央

(写真提供:JGA)

関連番組

2018年度 第24回 日本ジュニアゴルフ選手権競技

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。