ニュース・コラム

国内女子

小祝さくらが首位タイ発進! 雪辱の相手申ジエもトップで並ぶ

2018年9月6日(木)午後6:44

2018 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
 国内女子ツアーのメジャー第2戦 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯は6日、富山県の小杉カントリークラブを舞台に第1ラウンドの競技を終了。前週の雪辱に燃える小祝さくらが5アンダー67をマークして首位スタートを切った。

 この日小祝はノーボギーの5アンダーと開幕ダッシュに成功。リーダーボードの最上段を掴んだ。前週のゴルフ5レディスではプレーオフで申ジエ(韓)に敗れツアー初優勝はお預けに。初日を終えてまたしても申ジエが並びかけており今回こそはという想いは強いはずだ。同じく初Vを狙う鬼頭桜、濱田茉優も首位で並んでいる。

 1打差の5位タイには有村智恵、テレサ・ルー(台)といった歴代チャンピオンに加え、原江里菜、香妻琴乃、福田真未、三ヶ島かな、葭葉ルミ、チャン・ウェイウェイ(中)が並び、3アンダー13位タイには大山志保、菊地絵理香らが続く展開。

 また今大会で約2か月ぶりの復帰を果たした鈴木愛も首位から3ストローク差の20位タイと、2014、16年に続く大会3勝目に向けてまずまずのスタートを見せた。

 賞金ランク2位のアン・ソンジュ(韓)、同4位の比嘉真美子は1アンダー71の30位タイ、先日初の海外挑戦となった韓国のメジャー大会「ハンファクラシック」を34位タイで終えた新垣比菜は、大里桃子や永峰咲希とともにイーブンパー43位タイ発進となった。

 一方で先日長年連れ添ったキャディとのコンビ解消を発表した2013年大会覇者のイ・ボミ(韓)は、5オーバー120位タイと大きく出遅れ、苦境に立たされている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
9月6日(木)~9月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。