ニュース・コラム

PGAツアー

M.リーシュマン、小平智らが出場/ワールドカップ・オブ・ゴルフ

2018年9月14日(金)午後1:08

 14日、28カ国56選手で争われる国別対抗戦 ISPSハンダ・メルボルン・ワールドカップ・オブ・ゴルフ(現地時間11月22日~25日/オーストラリア/ザ・メトロポリタンGC)に出場する選手の一部が発表された。

 世界ランキング順にメンバーが選ばれ、最上位は22位のマーク・リーシュマン(豪)で、キャメロン・スミス(豪)をパートナーに指名した。

「代表になれたことで非常に興奮している。オーストラリアでプレーする機会はあるが、オーストラリア代表として世界各国の最高の選手達と試合が出来るのは本当に特別なことだ」とリーシュマン。

 世界11位のジェイソン・デイ(豪)が本来出場するはずだったが、3人目の子供が産まれるタイミングと重なるため辞退し、リーシュマンが選ばれている。

 大会24勝のアメリカ代表はカイル・スタンレー(米)が選ばれ、マット・クーチャー(米)を相棒に選んだ。

 日本代表は世界20位の松山英樹が辞退したため、2番手(45位)の小平智が出場する。

 前回大会はキングストンヒースGCで行われ、デンマーク代表のソレン・ケルドセン、トービヨン・オルセン組が同国初のワールドカップ制覇を達成し、日本からは松山英樹と石川遼がタッグを組み、6位で大会を終えている。

【出場選手(9月14日時点)】
オーストラリア:マーク・リーシュマン&キャメロン・スミス
イングランド:ティレル・ハットン
アメリカ:カイル・スタンレー&マット・クーチャー
タイ:キラデク・アフィバーンラト
南アフリカ:ブランデン・グレイス
デンマーク:トービヨン・オルセン
日本:小平智
韓国:アン・ビョンホン
中国:リ・ハオトン
アルゼンチン:エミリアーノ・グリーヨ
カナダ:アダム・ハドウィン
スコットランド:ラッセル・ノックス
ベルギー:トーマス・ピータース
スウェーデン:アレクサンダー・ビョーク
ニュージーランド:ライアン・フォックス
ベネズエラ:ジョナサン・ヴェガス
スペイン:エイドリアン・オタエギ
アイルランド:シェーン・ロウリー
フランス:アレクサンダー・レヴィ
オーストリア:ベルント・ウィースバーガー
インド:シャブハンカー・シャーマ
オランダ:ヨースト・ルーテン
フィンランド:ミッコ・コルホネン
メキシコ:エイブラハム・アンサー
ドイツ:マーティン・カイマー
イタリア:アンドレア・パビーン
ジンバブエ:スコット・ビンセント
マレーシア:ギャビン・カイル・グリーン

(写真提供:Getty Images)